ホーム » 会社情報

6397 郷鉄工 6397 郷鉄工

6397 郷鉄工

2017年3月17日 100円
110円にのってから、上昇はどうだそうですが、来週注目!

出典:DTCリンダさんのメルマガ

株価 97円 +2
http://ameblo.jp/kabumeigara/image-12256528846-13890466818.html

3月15日、109円の高値を記録し、これで短中期トレンドが去年8月以来の「上昇トレンド復活」の初動入り。

押し目買い優勢の流れに。目先は利食い売り一巡、吸収から終値ベースで110円以上に乗ってくると、ようやく上昇波動「1、2、3」の「1」がスタートとなりそうです。

一方で、今日110円乗せとならなかった場合は、上昇波動「1」はお預けのままの繰り越し。

ここから1週間の猶予の中での株価のうねりを作りながらの日柄調整、助走距離を形成する流れを見ていくこととなりそうです。


○短中期ベースでは、今後115円〜125円内の飛び込み具合、力強さ加減でようやく軽快なアップテンポな株高リズムが発生しそうであり、終値ベースで130円台乗せとなれば、今のぎこちない雰囲気が一変するような・・・

この続き・詳細は、後日の「郷鉄工」の最新情報で、お伝えしたいと思います。



-->

6879イマジカロボット 株価情報

2017/02/27 12:00公開】◆無料特典銘柄◆
2017-02-27 12:00:00 〜 2017-03-01 23:59:59まで公開
今回は当サイトで有料情報をご利用いただいた会員様を対象に特典銘柄を無料でご提供させて頂きます。
本来、タイミングを見て【プラチナセレクト銘柄】にご参加の皆様へご提供を考えていた銘柄となります。
(無料会員様は閲覧できません)
--------------------------------

【プラチナセレクト銘柄】と同等の情報としてのご提供となります。内容を良くお読みになられたうえで、市場動向を睨みルールを守ったご利用をお願いします。

※代替銘柄ではありません
※無料情報につきフォローメール・サポートは付随していません


2017年3月17日
6879 イマジカロボット株価:747円
75日線上、700円まで、買い下がるか?悩み中。




【無料特典銘柄】


◆<6879>イマジカ・ロボット ホールディングス

トランプ大統領決定以降、大型減税や財政投資などの政策期待から、米国経済の先高感が継続しており、米国株は史上最高値を更新し続けています。それにも呼応するように、米国の経済指標は堅調な結果となっており、政策の不透明感はあるものの、その勢いは継続しそうな状況となっています。

それに対し日本株は、円安牽制発言もあり、ドル円相場が1ドル=115円が上値として意識されており、輸出株主体の日経平均も19500円が重い展開となっています。

日経平均が伸び悩んでいることで、なんとなく相場全体も冴えない雰囲気となっていますが、東証2部指数は過去最高値を更新。

ジャスダック市場もバブル期以来となる高値水準に戻り、マザーズ市場も戻りきってはいないものの1000ポイントを回復など、新興株を中心とした小型株の個別物色の動きは強まっています。

現在の相場環境においては、決算発表も終えたことで材料不足となっており、材料発表銘柄が資金が集中しやすく、その反面資金が離れるのも早く、急騰後の急落も見られやすいといえます。

しかしながら、しっかりした背景を保有する銘柄は強さを維持しており、期待とともに上昇を続けている銘柄も多くあります。

そうした環境から、今回は業績面でも好調さを見せ、先々の取り組みに対する期待も高まる銘柄として、<6879>イマジカ・ロボット ホールディングスに注目しました。

<6879>イマジカ・ロボット ホールディングスは映像制作の企画・制作から流通までをグループ各社で一貫して行っています。

もともと映像技術サービスを行う「IMAGICA」と、映像ソフトを手掛ける「ロボット」が経営統合して誕生しましたが、その後の積極的な子会社化展開により、人材コンサルティング事業やメディア・ローカライゼーション事業にも事業領域を拡大しています。

同社の映像ソフト事業については、ポケモンGOでの急騰も記憶に新しいところですが、アニメ制作大手の子会社を保有。

多くの自社企画作品に加え、製作員会にも参加、さらに米国アカデミー賞受賞の短編アニメなども制作するなどの実績。加えて東京駅での3Dプロジェクションマッピングなど、イベントや広告としての分野も手掛けています。

さらに、映像システム事業でもその最先端の映像関連機器やソフトウェアなどは高い評価。高速度デジタルビデオカメラは世界でもトップクラスの販売シェアを誇っています。

計測や解析としての大学や研究所、企業で使用されるだけでなく、幅広いスポーツシーンにもその用途は拡大。

ハイクオリティな放送用映像機器と合わせて、オリンピックなどもあり、8K放送開始に向けて更なる需要の拡大が見込まれます。

そのほか独自開発の医療用画像システムやCADシステムなども幅広く活用されています。

M&Aや資本参加にも積極的で、前期に米国の字幕大手企業を買収し、事業再構築を進め、メディア・ローカライゼーション事業を順調に拡大。

また、今期は前述のアニメ制作企業を子会社化したほか、映像システム事業や人材コンサルティング事業でも連結化。さらにVR進出に向けて技術開発企業への資本参加など、事業を拡大させています。

このような積極的な取り組みを見せていますが、拡大が続く動画配信や高度化する映像制作技術に対応すべく、2020年に向けて中期経営計画を策定中。

3月には説明会を開催し、内容を公表予定としていることから、今後の成長戦略にも期待が高まっています。

そうした中、直近でも映像放送事業の譲渡を発表しており、選択と集中による経営戦略の一環が垣間見られています。

こうした取り組みから業績面でも好調。

先日発表の17年3月期第3四半期決算は、経常利益が10.5億円と前年同期比で10倍に急拡大。
あわせて今期通期計画を13億円→14億円に上方修正。

のれん代が増加したものの、利益率向上でそれを吸収し、最終利益も10億円と前期比33%増の見通し。
先々の期待は大きくなっています。

株価の動向は、昨年7月のポケモノミクス相場で1374円まで急騰しましたが、上期の業績伸び悩みもあり、521円まで下落。

底値を確認すると、業績の回復もあり、緩やかながらも上昇基調を継続。直近ではやや伸び悩みとなっていますが、高値からの下落の約3分の1戻しの水準となっています。

それほど大きな動きは見せていませんが、順調に下値を切り上げてきており、上昇基調は継続していると見ることができます。


注意点
東証1部の銘柄ですが、時価総額は350億円弱の小型株となります。出来高も流動性に困るほど少なくはありませんが、ある程度まとまった資金であれば大きく上下する銘柄です。

昨年夏に急騰を見せたことで、上値にはしこりが残っていると見られます。

急騰の兆しは見せていますが、思惑が集まらないようであれば、緩やかな動きとなることも考えられます。
よって、基本的には資金余力に対して3割以下の「余裕資金内」、現物での取引をお薦めします。

取り組み方法
現在の上昇トレンドに乗り、直近上値のブレイクからの急騰を狙う方針となります。
まずは800円台の定着と、直近高値814円をしっかりと上抜くことを目指します。

下値は日足25日線がサポートになると考え、万が一ここで反発が見られないようであれば、短期的には調整が長引くと考えます。

目先では、中期経営計画の公表がポイントとなりますので、ここでの反応が思わしくない場合も、短期目線ではいったんの撤退も一考となります。

■買いポイント:
現値付近から直近高値(814円〜770円)までに予定資金の2分の1ほどで仕込みとします。なるべく800円以下で集めたいところですが、上抜けた場合には、上昇トレンドに乗って追随買いとします。

■買い増しポイント:
短期的には下値サポートとなる日足25日線の750円前後での反発の場面。中期的には日足75日線の700円付近までは強気に。

■第一利確ポイント:
まずは手堅く心理的な節目ともなる1000円前後。
思惑が集まり、2015年高値871円を抜けるようであれば、このラインは通過点となる可能性もありますが、手堅くこの水準で含み益を現実化させておきます。

まだ上値が見込めますのでポジション数の3分の1程度で十分でしょう。

■第二利確ポイント:
昨年来高値1374円の奪回を目指しますが、1200円手前付近からは戻り売りが多く出てくることが考えられますので、1200円を超える場面では、利益確定優先とします。

この辺は、ディトレがいいのかな?

■最終利確ポイント:
第二利確ポイントを超え、昨年来高値を抜いてくれば青天井となりますが、買値からも2倍近くとなる1500円付近を現実的な最終利確ポイントします。


最終利確ポイントまでは、地合いや材料、市場全体の動向、企業業績推移などに左右されやすく、長期的になる可能性もあります。

よって、リスクや資金効率も考えて基本的には第一利確ポイント以降は売り上がり方針をご推奨です。

■ロスカットポイント:現在の上昇トレンドが崩れる確率は極めて低いとみていますが、買い増しポイントとした下限を割り込むような場面では撤退を検討とします。

PSCホームページより
出典:https://p-sc.net/info/6866

-->

santec 6777 今期経常を55%上方修正

santec <6777> [JQ] 今期経常を55%上方修正
2017年3月期の連結経常利益を従来予想の4.2億円→6.5億円に54.8%上方修正。

増益率が41.9%増→2.2倍に拡大する見通しとなった。

国内や米国向けに光測定器の販売が伸び、売上が計画を上回ることが寄与。

好採算品の売上増加に加え、円安による為替差益の増加なども上振れに貢献する。

来期はかなりの増益が期待できるかな?

-->

フライトHD

フライト x ソフトバンク x アップル x Android(Google) x alipay x NTT x IBM x Mastercard x VISA x AmericanExpress x グローバルに展開してて世界中に顧客 x 各国の次世代電子決済サービスの普及率はまだ低い x すごい特許2つもっています。

-->
タグ /

ダイヤモンドZAI掲載 3753フライトHDはアップルペイ関連で注目&上方修正

3753フライトHDはアップルペイ関連で脚光 上方修正

<黒字転換を果たすフライトHDはApple Pay関連>

2016年11月21日に高値2053円まで上昇したあと、2ヶ月の間調整がありましたが、昨日、今日下げ止まりの気配を感じますが、どうでしょう?

昨日の高値を超えて、今日午前9時50分前後には1266円まで上がっています。


3753フライトホールディングスは、今期予想をすでに上方修正して勢いがあり、来期は利益成長がさらに加速する見込み。
(ダイヤモンドZAI「最強日本株&株主優待」2017年3月号63頁)

大関 3753フライトホールデイング
☆ 目標株価 2200円

ちなみに、横綱に 日産自動車・パナソニック・大関に 三菱UFJファイナンシャルグループがあげられています。 


決め手は Apple Pay向け決済システムが好調で、悲願の黒字化を達成し、さらに来期の飛躍が期待されます。

ダイヤモンドZAI 2017年3月号64頁からの抜粋ですが、イチオシのその理由は、

フェアトレード田村祐一氏は、電子決済を手掛け、「Apple Pay向け」決済システムの「ライセンス販売が絶好調で「2期連続赤字から今期黒字転換」

フィスコ飯村真由氏は、上期の進捗率も高く、上方修正期待も強い。
フェアトレード田村祐一さんは、「安全性や簡易な操作性が特徴で需要拡大が続く。

電子決済、中国人はじめ外国人の観光客が、東京オリンピックに向けて増加の一途の昨今、日本の課題でもあるようで、利用者は伸びていくことが予想できますから、気長にもっていてもいいかな?と思っています。


-->

2017年気になる株式銘柄 6899 ASTIは車載用装置を主力急成長の企業。

気になる株式銘柄、メモ

6899 ASTI

株価 496円 +30
http://ameblo.jp/kabumeigara/image-12240732268-13851885183.html (日足チャート)

皆様には「今年の出世株候補」として告知した銘柄
http://ameblo.jp/kabumeigara/image-12236738816-13842264934.html

同社株は国内外で車載用装置を主力とした急成長している企業。

前期 +7億の着地。今期+11億の大幅増の見通しに上方修正を発表済み。

5年前は+5,700万の業績でしたから、ここ5年で、実に業績変化率19倍の急成長。

急成長の背景には人口の多いインドを中心に、中国・ベトナムにも拠点を置き、

成長著しいアジア各国での事業展開が大当たりしています。

成長著しいアジア市場を拠点に業績好調な銘柄と言えば、去年の強力推奨銘柄

「ウェッジホールディングス」の再来を彷彿させます。
8/26平均 371円 ⇒ 12/7株価 1,240円(中長期で+3.3倍)



○株価を見ての通り、ジリ高基調も、軽快なアップテンポな株高リズムは未だ発生していません。

軽快なアップテンポな株高リズムは、ここからもう一段駆け上がって初めて発生します。

見た目のわりに、思った以上に全然 過熱感がありません。

調整売り一巡から、意識される戻り2007年10月高値 597円まで上値スッカスカの真空ゾーンに突入していますので

600円方向へ軽快なアップテンポな株高リズムが発生した際に、今後の上値目途をお伝えしたいと思います。

※ 特典銘柄 1/6株価440円 ⇒ 1/12株価 490円 慎重な方は(激短で+11.3%)利確 ⇒ 1/23株価 502円・年初来高値を更新(激短で+14.0%)
-------------------------------------------------------


出典:DTCメルマガ
https://www.dream-trader.com/

-->
タグ / 6899 Asti

気になる株式 テリロジー3356


ネクスグループ(6634)と協業のテリロジー(3356)。
1月18日にはストップ高の424円までいきながらも、終値は369円と崩れ、表面的には腰が弱い。
ただ、逆に突っ込み買いのチャンス?。
上昇中の5日移動平均線の水準(355円)前後が押し目買いのメドらしい・・・・。。


出典:杉村富生の兜町ワールド より

-->

6777 santec テンバーガー銘柄になるか?空間光変調器「SLM−100とは

6777 santecが空間光変調器「SLM−100」のパネル平面度として、可視域で優れた平面度を実現したと発表。

同ホログラム技術を用いたレーザー加工、バイオ分野の光ピンセット、天文向け高精度分光など、さまざまな分野での応用利用が期待されるとしている事から、6777 santecの「ビジネスチャンス拡大」や「業績への寄与」に期待できとのこと。


また、空間光変調器「SLM−100装置は1月28日〜2月2日の間、サンフランシスコで開催されるBIOS/Photonics West 2017、santecブース番号#8518/#322に出展される予定との事。
http://www.santec.com/jp/27973


本日は一時S高の値を付けましたが、昨年の戻り高値(第1利確ポイント)という650円、シコリも多い部分の値を付けた事で戻り売りがドサっと降って来た値足となっています。

一旦の利食い場・650円。

今後の見通しとしては、本日1月18日は、戻り売りに上ヒゲの推移となりましたが過去も上ヒゲを付けながら戻り売りをこなし、ゆっくり登って来た動きとなっており、今回の出来高で少しはシコリ解消となっていると予測されます。

戻り高値650円前後付近のシコリはまだ強く、もう少し出来高をこなして行く必要はありますが、第2利確ポイントは目指して行けると判断しています。

よって、今回付けた第1利確ポイントで利食いされた後の残り株は第2利確ポイントを目指して持続をオススメとなります。ここまで多く枚数を仕込めていると思いますので慌てずに見て行きましょう。

枚数の追加、買い増しをしたい時は、足元の材料相場での出来高が落ち着いてから、ジリっと下げた調整局面や押し目を狙う方針がよく、この局面では、一旦様子見がオススメとなります。



空間光変調器「SLM−100装置

プリズムやレンズなどのアナログ的な分光器を使わなければできなかった光の波長の記録・制御・変更を、 デジタルでより広い色調で正確に扱えるようになった。
1画素が、256色のビットマップ形式分から、1キロバイト分の広さで変換できるようになった。

目先の応用としては例えば、ヘッドセットなしで見えるVRの像がより現実の色に近づき実用化に近くなった。

画像ファイルの画素数が増えたり、ICチップの処理が8ビットから32ビットになったら
例えば昔のファミコンがスーパーファミコンくらいになるが、もっといろいろなことができるのと同じ。


ここは光が当たると電気を出すCMOSの応用技術をいっぱい持っていてレーザーなどの工学研究を
デジタル化する技術に特徴があり、光の制御屋さんと思えばいい。





-->

8740トレイダーズHDがビットコイン事業に本格参入すると発表。

8704トレイダーズホールディングス

株価 194円 +43

8704トレイダーズホールディングス株と言えば、去年の今頃にもDTC銘柄として、推奨されました。

2015/12/16平均 133円 ⇒ 2016/1/4株価 418円 (激短で株価+3.1倍)

2016年12月13日の大引け後に、IRが発表されました。

『みんなのビットコイン株式会社の設立及びQUOINE株式会社との仮想通貨取引サービスに係る業務提携に関するお知らせ』
http://cdplus.jp/company/download/259071/97562.pdf

トレイダーズHDのIRとしては夏以来のポジティブIRとなり、ビットコイン事業の本格参戦を決定すると発表しました。


☆ 月足のRSIは「52」水準と、去年のDTC大相場「89.56」水準から、1年かけて大分 調整が進みました。

これで過熱感は無く、上昇余地は十分。

ここからですが目先155円前後を下限とする調整があることを目安に、終値ベースで175円以上に乗ること、その175円以上を維持できるようになったら、短中期&中長期のトレンドで大きな上昇トレンドが復活します。

この大きな上昇トレンドが復活した際に、今後の上値目途をお伝えしたいと思います。

出典:DTCメルマガより
https://www.dream-trader.com/

高値201円まで上昇していますが、昨日の終値151円から、窓を開けて上昇していますから、窓を埋めにくる、ということでしょうか?
155円前後まで、買うのを待ってみようと思います。
しばらく、監視します。


-->

3664 モブキャストが年初来高値記録して上昇波動「2」が始まる?

3664 モブキャストについて、DTCさんのメルマガが配信されましたので、メモ。

8月22日の終値は、株価 1,270円 +165円、場中に高値1298円がありました。

【無料特別版『LUMINES』配信決定&事前登録キャンペーン本日より実施!】
https://mobcast.co.jp/news/press-release/2016-08-22

【水口氏、ツイッターでVRゲーム「REZ」の宣伝し始める】
https://twitter.com/Mizuguchitter

と、本日は久々の材料(ジャブパンチレベル)が放たれました。

あくまでジャブ材料であり、ウォーミングアップを始めたという感覚です。

それでもザラ場1,298円の年初来高値を記録。2015年6月高値1,294円を奪還しました。

次に意識される戻り高値は2015年3月高値1,514円。

月足のRSIは未だ「53」水準、全然 過熱感がありません。

ジャブ材料で、この値動き。プロジェクト「M」と「SM」という隠し玉が発表されたら一体どうなるのか。

株価が上向いた状況で、もしサプライズ材料が出ると、直近でも寄らずのストップ高が 6月に2度あっただけに、まだまだ市場の注目を集めそうです。



○今日の値動き・引け値の強さを見ると、今日で上昇波動「2」がスタートした可能性が高いです。

ちなみに前回の上昇波動「1」では株価7連騰となりました。

現時点で

・社会現象化アニメ『まどマギ』の最新情報。中華圏配信。

・『LUMINES』の最新情報、全世界配信。

・VRゲーム『REZ』の最新情報。

などは、ある程度 ぼんやりと把握できている材料ですが、

・「モンスト、スト2を手掛けたゲーム開発集団と戦略バトルRPGを共同開発」

・隠し玉 プロジェクト「M」と「SM」

などは、未知数で全然明らかになっていない材料がありまう。

株価にもまだ過熱感が感じられないだけに、この未知数の材料が出るまでは当分の間、息の長い相場が続きそうです。

と、メルマガ・・・・・。

8/2株価 683円 から注目して、8/22株価 1,298円・目先1,300円方向チャレンジ達成」(+90.0%)

8/19株価 1,032円 から 8月22日・株価 1,298円は、目先1,300円方向チャレンジ達成」(+25.9%)

------------------------------
出典:◎無料銘柄情報満載メルマガ!『ドリームトレードドットコム』
http://archives.mag2.com/0000276205/index.html?l=gca02da61a


-->

6047 Gunosy 

6047 Gunosy 

6047 Gunosyは、上場企業の中で同業種が存在しない業種的にも珍しくオンリーワンの情報アプリサービスを提供。
https://gunosy.com/

業績は、 -13億6,500万の大赤字の時期もありましたが、最近では

前期:   +5億6,600万の着地で、四季報予想+4億1,000万超えの上振れ。

今期予想: +8億6,500万と、こちらも四季報予想+8億超えの過去最高益見通しです。

前期&今期とダブル四季報予想超えの上振れで、過去最高益の見通しにも関わらず、月足のRSIはたったの「33」水準と超売られ過ぎで、上場来高値 2,140円から叩き売られて現在値は1000円前後。

新興マザーズ株の、業績 超V字回復軌道でありながらも、このおとなしい株価の動きの背景には、浮動株よりも外国人保有率の方が大きい大口さん主導の銘柄なので、大口さんの気分次第になります。

目先は、押し目を買って、噴いて高くなったら売る。
短期で売ったり買ったりして回転させながら、1200円になるのを待つのがいいと、DTCメルマガ情報。
本来なら、短中期、中長期で注目する方が似合っている銘柄のようです。

本相場入りは、明確に1,200円台に乗ってからとのことで、少し先になると見たほうがよいみたいで。

株価は短中期トレンド目線で 5月半ば以来の「上昇トレンド」を2カ月ぶりに復活したとのこと。。
ゆっくりと株価1,200円台に乗ってからが勝負、監視しています、


-->

4592 サンバイオ


サンバイオ社<4592>は、5月6日、再生細胞案SB623の外傷脳損傷を対象とする日本での臨床試験が許可されたと発表。


4592 サンバイオ
http://ameblo.jp/hinapiyon/entry-12148027217.html


再生細胞薬 SB623 の慢性期脳梗塞を対象とした米国フェーズ 2b 治験における 被験者への投与開始に伴う開発マイルストン受領のお知らせ

当社は、再生細胞薬 SB623 の慢性期脳梗塞を対象とした米国フェーズ 2b 臨床試験において、平 成 28 年3月8日に最初の被験者への投与が開始されたことに伴い、平成 28 年4月8日付で提携先 の大日本住友製薬株式会社から開発マイルストン収入として5百万米ドルを受領したことを確認 しましたので、お知らせします。

幹事証券の野村証券の目標金額は3200。


材料が出ると、材料出尽くしということで一旦利食い売りされることになる傾向があるんですが、今回はどうなりますか?

4月19日に、2030円の高値をつけて調整中のようで、5月26日は、1646円。
高値から2割下がりました。

4592 サンバイオ社は中期スタンスでみていくことができる銘柄だとどこかに書いてありましたが、3200円は、1600円の2倍、まだまだ道のりは遠いです。

ここからもっと下がるのか、戻して上がっていくのか?心臓に悪いよね。




-->
タグ / サンバイオ

2315 SJIの1Q決算発表がありました。 2315 SJIの1Q決算発表は四季報予想が当たりみたい、決算後の株価はどうなる?


★2315 SJIの1Q決算発表がありました。
株価 116円 +3

3月17日の市場の反応・実際の取引はどなるか?
出尽くしで売られるのか、よかった^^で上昇に向かうのか、市場の反応はどうでるのか、注目。
決算後のことは、見なきゃわからないもんね。
4倍〜5倍の株価になっているし、すこし調整かな?と思いながら、目が離せない・・・・・。


1Q決算発表の内容は、
・事前の見通しは上辺では無かったこと。
・四季報予想が現実味を増した内容か。

・1Q +1,000万の黒字着地。
・2Q予想は無しのまま。
・通期予想 +3億7,100万の黒字見通しは変わらずで、四季報予想も +3億7,000万。
・四季報の来期予想 +4億5,000万。


株価はレシオ「90」まであった過熱感が、時価レシオ「59.7」までスピード調整していますが、
短中期のリズムが上向くかは、3月18日(金)の終値120円以上になるかによるみたい。

・アップテンポの株高リズムを作るには、3月22日(火)までに高値141円以上が条件。
・上値を追うには、出来高6,500万株以上の売買があるか。
・3月16日の出来高は 2,470万6,300株。
・上値追いには、3月17日の前場で出来高3,000万株以上の商いがあるか注目
・注意点は、103円を下回ると日柄調整入り濃厚。



『決算内容のまとめ』
http://www.sji-inc.jp/Portals/0/pdf/2016/20160316_2_yuuka.pdf
・フィンテック、テックビューロ、AI(人工知能)など次代の成長の根幹を担う事業に着手
・事業が好調なこと。
・特設解除に向けて、内部管理体制の強化に取り組んでいるとのこと。
--------------------------


-->

3928 マイネット

マイネット(3928)
3月7日終値:3840円 +300

分足ペナント抜けだそうです。

日足で5日線を抜けそうな感じがするんですが、どうでしょうかね?
明日、抜けてくればしばらく楽しめるかなあ?
4500から4800・・・・・・。

3928マイネット.jpg

-->

アナリストSのプレミアムメルマガ 忘備録 2016年1月15日

2016年はどんな関連の株が動きやすいのか、いろんなメルマガを読んで参考にしています。
素人の自分が探すのは大変ですが、読んで勉強させていただいてます。

2016年は、外部環境が不安定なことから、不動産関連・選挙関連・スマートエネルギーなどの内需株に材料がある・・・みたいです。

「アナリストSのプレミアムメルマガ」、1月15日のものです。
出典:https://p-sc.net/info/4250


★アナリストSのプレミアムメルマガ★

≪無料特典銘柄≫を近日公開予定。
メールでお知らせするので見逃さないように。
昨日のメルマガも読み返す事。
お楽しみに。
また、「極秘銘柄」についてはサイト上で詳細の確認を。

昨日の米株は大幅反発。
ダウは227.64ドル高の16379.05ドル。原油価格の下げ渋りから売りも一巡感。
一旦の落ち着きから買い戻し優勢といった所。

今日の日本株は前日の米株反発を受け高く始まっている。
人民元、中国市場、原油価格、為替の動きはやや落ち着いているが、やはり投資家心理の改善見られず上値重い展開。

昨日のインドネシアのジャカルタで起きた連続爆破テロ報道も有り、「週末の間に何かあっては恐い」という不安心理も手伝い週末ポジション調整売りが出やすい環境。

一方で、外部環境の悪化が目立つ中、海外要因に振らされにくい「内需株」、そして決算シーズンという事で「業績面」の見直しで買われるものも増えて来たよう。
中でも目に付くのは「不動産株」である。

昨年10月頃にも書いた「不動産投資」。
中国富裕層の不動産爆買い、ノルウェー政府系ファンド、そして「相続税増税」による国内富裕層の不動産投資。長期金利の低下も手伝い不動産売買が活況。

足元では
<2337>いちごグループ、
<4321>ケネディクス、
<3244>サムティ、
<3230>スター・マイカ
など新興不動産の決算や上方修正がセクター全体を下支え。
REIT指数が切り返して行けるのかもポイント。

世界市場全体でオイルマネーの逆流、中国ショック、地政学リスクとトリプルパンチを食らっている状態だが、それら換金売りが終わりキャッシュ確保となれば再びどこかに資金は流れる。
売られた後は買われるもので、どこに投資始まるのか?そこを考える。

今の日本の政策、アベノミクス、経済、海外勢は期待をして買ってくれるのだろうか?
目先は不安感払拭できる方針を打ち出す事も必要だが、それ以上に「期待感」も必要。
足元のGDPやなんやらと「結果として出てしまったもの」よりも先の期待感。

今は方向感が定まるのをじっと待つしかないのだ。
買って行くのはそれからでも遅くないという事。
わざわざ底当てゲームをしなくとも儲ける事はできる。

ここから「マイナンバーで恩恵受けた企業の業績」「伊勢志摩サミット」「電力自由化」、選挙権年齢を18歳以上に引き下げての「参院選」とあって「ネット選挙関連」も外せない。
追って行きたい材料は山のように有るのだ。

また、3月2日より東京ビッグサイトで開催される「スマートエネルギーウィーク」にも注目。
水素、燃料電池、太陽電池、二次電池、バイオマス発電、エネルギー関連の見直し有るか、新材料出て来るのかにも注目しておきたい。

◆2337 いちごグループ
273円→388円(42.12%)
この地合いで新高値。
あれから見直しが続いている。
12月11日にも書いたがあの進捗は良いよう。ボックス上抜けとなるのか引き続き注目。
外部要因で不安が続く足元の相場環境で、海外に振らされにくい内需株や業績相場となりやすいのだろう。

☆・1月19日に404円まで上昇して、ボックス上抜け下と思っていいのかな?

-->

6072 地盤ネットホールディングス(株)の今後の見通し 10月16日

地盤解析専門のスペシャリスト企業。
地盤調査、改良工事に関する専門的な知見をもとに公正中立な立場でサービスを提供しています。

全国的に話題となっている「マンション施工不良問題」

昨日の報道にあるとおり、工事を行った全国のマンションや施設について、調査を行う方針であり、全ての建物が、しっかりと基準を満たす強固な地盤に達しているかどうかが重要視されることから地盤解析専門のスペシャリストである「6072 地盤ネット」が注目されています。

月足のRSIは何と「16.71」の超売られ過ぎ水準。数値だけで言えば断固買いの水準。
2013年5月高値3,020円から、数年かけて一方通行に売られ続けてきたことから、一段と見直し注目度が高まるようですと、相当大きいリバウンドになる可能性もあります。

大きな流れでは750円以上に乗ってからが本格的な上昇トレンド入り。それまでの間はリバウンドの動きとなります。

750円以上に行くにはまずは最低でも500円以上での値固めが重要となりますので、500円大台乗せ確認からが本格スター・・・・・・。



























開く

















567

ボンバー万
10月16日 10:15


3907シリコンスタジオ
4777ガーラ

ストップ高にむけて爆進中
待ったなし相場ですな

世界のソニーのシリコンスタジオ

チャートも超底値圏


地盤ネットも数日前に言いましたよ

返信する

そう思う0


そう思わない3



開く

















566

dosankoyotti
10月16日 10:15


>>563


レスありがとう^^
たまたまうまくトレードできたんです。
空売りした三井住友は大損で確定でした 涙

返信する

そう思う0


そう思わない1



開く

















565

shi*****
10月16日 10:12


◇週末ということ・・・◇
横浜市のマンションの問題で、地盤に矛先が向いてきたが、週末ということから、一端現金化を急ぐ投資家の売りが出ている模様。
中低位株のなかで、出来高を伴って上昇していだけに、どこで売りが一巡するかに注目!

返信する

そう思う3


そう思わない1



開く

















564

ryu*****
10月16日 10:12


小市民の利確を誘いながら4桁を目指す☆☆☆

返信する

そう思う3


そう思わない2





京都でお勧めの食べ放題店舗hitosara.com焼肉・パスタ・スイーツなど、食べ放題やバイキングの店舗情報が満載/ヒトサラ
Ads by Yahoo! JAPAN


開く




















<<


<


588 – 564


>


>>






並べ替え:
古い順

新しい順






















-->

4080 田中化学研究所 10月15日の株価と今後の見通し

4080 田中化学研究所

(10/5株価 1,004円⇒ 高値 1,376円) +37%。

10月14日(水)株価 1,057円 +47
10月15日(木)株価 1163円 +106円

明日は、1200円を超えることができるのか?
明日、目が離せません、

☆.。.:*・ ☆.。.:*・ ☆.。.:*・
DTC 無料メルマガより、参照
8/26株価 800円 ⇒ 9/9高値 1,890円と激短で株価+2.36倍となった市場の人気株です。

10/2に、920円台まで調整して、 10/7は1300円台半ばまで戻しましたが、終値で株価を1,400円台に乗せることができなくてフシ目を超えられず、戻りは売りの流れに切り替わり、再び1,000円方向を意識した流れとなりました。

昨日のニュースで、フォルクスワーゲンが電気自動車に軸を移すということで、このフォルクスワーゲンにリチウムイオン電池用の正極材を納入しているのが田中化研、ということで、75日線まで押さずに上昇の可能性が高いと判断。


早々に1,200円台に乗ることができれば、状況も変わりますが、オーバーシュートの投げが出て、900円を割れることになれば、戻りは売りの流れが強まり、だらだらと600円〜800円方向の動きになる恐れがあり、正念場です

-->
タグ /

4347 ブロードメディア 10月15日の株価

4347 ブロードメディア

10月13日(火)株価 122円
10月14日(水)株価 118円
10月15日(木)株価 120円

何とか120円を持ちこたえている感じですが、出来高が少ない・・・・。
でも、25日線がゴールデンクロスしたような・・・・。

明日は金曜日、120円を維持できるかなあ。
それとも、10月9日で二尊天井かなあ・・・。
利益はマイナス企業みたいだし。
180円までいくのか?140円で終わりなのか、明日も注目。

☆.。.:*・ ☆.。.:*・ ☆.。.:*・


9月29日 株価 129円 -1
9月30日 株価 138円

昨日の出来高1億2,000万株、空前の大商いをこなしました。
ここから如何に10月の3連休明け13日(火)の段階で125円以を維持する日柄調整出来るかがポイントに。

トレンド上では110円処を明確に下回ったら完全にアウト
短期での上昇リズムが崩れるラインですが

今の株高リズムを維持することをベースに考えれば120円ですら下回って欲しくないところです
昨日の大商いは、今後の大相場を予兆するかのような期待感があるのと同時に、ここでしっかりとトレンド維持できないと、多くの市場参加者が捉まる・塩漬けになる悪役懸念の可能性があります。

以上のことから目先・激短の動きで見るのはデイトレ対応で様子見、短中期ベース・長い目で見るなら10月13日(火)の終値の位置が重要と見ています。

-->

IoT及び「Internet of Things」とはどういうもの?と関連株

2015-08-11

IoTとは「Internet of Things」っを略したもので、一般に「モノのインターネット」と言われるもので、これまではPCやスマートフォンに、ヒトの操作によってインターネットに信号が発信されています。

これに対し、IoTは車や時計、公共設備などあらゆるモノが自らインターネットに信号を発信して、情報をデータセンター(クラウド)に集積します。
そのデータを色々なことに活用しようとする試みとなります。

例えば走っている車の速度、位置情報を集積して、そのデータを渋滞情報として運転している車にフィードバックする。更にデータを積み重ねていけば、どの期間にはどれほどの渋滞が起きる、などの情報を運送業者に配信することができるようになり、スケジュール管理に役立つ便利な情報になるのです。

その他にも、橋や建物などの公共建築物にセンサーを取り付けて、強度を常に把握することができれば、適切なメンテナンスが可能となり、事故を未然に防ぐことができまう。

また、マラソンランナーのリストバンドなどにセンサーをつけて、疲労度を測ることができれば、ペース配分を管理するすることもできます。

こんな事が、少しずつ実現しているところから、子供の頃に思い描いていた「鉄腕アトム」のような未来、車が空を飛ぶような世界はそう遠くないうちに実現できるのでは?と思ってしまいます。

既に市場に出ているIoT。

スマートフォンの普及拡大速度などを見ても、ここからIoT市場は急速に拡大するのでは・・・。

2014年の国内市場におけるIoTデバイスの普及台数は、約5億5000万台。
売上規模は約9兆3000億円でしたが、2020年にはここから倍以上の普及台数、売上規模に達することが予測されています。
IoT関連企業はこれから需要高になってくるのが自然と考えてしまいます。

【IoT関連株】

<3727>アプリックス
スマートフォンとブルートゥースを無線接続し、稼働状況や故障の有無などのメッセージを送れる家電機器を企画・開発。
M2M関連事業に経営資源を集中投入するべく、事業の再編成を行っています。

<3690>ロックオン
「EC‐CUBE」においてスマホアプリやリアルPOSレジ、IoT対応なども視野に入れた、あらゆる関連概念との連携を可能に。

<3858>ユビキタス
車載システムとスマートフォン、クラウドサービスを連携させるネットワーク技術、さらに車載データを活用したクラウドとの連携による新たなサービスの創出などさまざまなソリューションを提携。

<3669>モバイルクリエイト
IoT分野の事業領域拡充のため、半導体関連の製造装置を手掛ける<6314>石井工作研究の発行済株式32.69%を取得。



これらは時価総額の小さい小型株。
今後の成長性を期待するには時価総額の小さいIoT関連も監視してみたいです。

-->
タグ / IoT

エコナックHD<3521.T>4日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除

このニュースで、日製麻<3306.T>―と林兼<2286.T>、エコナックHD<3521.T>―の株価の下がるのが止まって、ウィルソン<9610.T>―の株価は、調整に入って、下がるって想像するのは、単純でしょうかね?
☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・


―東証が3日付で日々公表銘柄指定を解除。

ウィルソン<9610.T>―東証が4日売買分から信用取引の委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に。日証金も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を現行30%から50%(同20%)に。

 林兼<2286.T>、エコナックHD<3521.T>―東証が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除。
日証金も同日から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る銘柄別増担保金徴収措置を解除。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2015-08-04 08:37)
調整が始まって下がっていくことになる・・・と想像するのは、単純でしょうか?

ウィルソン<9610.T>は、株価が4日の日は、高値777円をつけましたが、そこから下がって652円の大きな陰線で終わっています。

そして、本日もマイナス98円と大きく陰線を描いています。
陰線2本続くと、3本になる可能性が高いようで、しばらく様子見かなと思います。


日製麻<3306.T>―東証が3日付で日々公表銘柄指定を解除。

7月17から陰線が続いて、本日は75円です。
下げ止まるのかな?と思わせる展開になっていますが、50日線までもう少し空間があるのが気になります。

エコナックHD<3521.T>
7月21日に170円をつけてから調整中。120円が下値目処というDTCさんの無料メルマガ情報でしたが、100円まで、下がってしまいました。
本日で下げ度まるのか、ここも。50日線とすこし空間があり、日製麻<3306.T>とチャートがそっくりのような気がします。

林兼<2286.T>
7月22日の195円から2週間ほどの調整、本日141円。





ウィルソン<9610.T>―東証が4日売買分から信用取引の委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に。

日証金も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を現行30%から50%(同20%)に。

 林兼<2286.T>、エコナックHD<3521.T>―東証が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除。日証金も同日から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る銘柄別増担保金徴収措置を解除。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2015-08-04 08:37)

-->

8789 フィンテック グローバルによってムーミンテーマパークができる

8789 フィンテック グローバルが、ムーミンパークを建設、2017年にオープン予定だとか・・・。。

9024 西武HD傘下の西武鉄道から購入した埼玉県飯能市宮沢湖の土地(東京ドーム4つ分!)に、ムーミンワールドテーマパークができる。

なんでも、ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの故郷、フィンランドにあるムーミンワールド以外のムーミンをテーマパークとした施設では世界で初めてだそうです!

このフィンランドのムーミンワールドですが、夏期の2ヵ月と冬期の数日のみの営業で年間22万人もの来場者があるようです。

日本人観光客も多いということで、オープンしたら注目を集めそう、という思惑から株価が動いているようです♪

ただ、都心からムーミンのテーマパーク「メッツア」へのアクセスは、西武鉄道池袋線「池袋」駅から「飯能」駅まで、特急レッドアロー号で40分。

埼玉県飯能市は埼玉県内でも奥地になるので、クルマやシャトルバス、鉄道など、何かしらの交通手段の拡充が必要になります。

西武鉄道との連携プレーがどうなるのか、ムーミンのテーマパーク見守りたいと思います。

[ここに地図が表示されます]



-->

6324 ハーモニック・ドライブ・システムズ 今後の見通し2015年7月23日

8/10(月)が1Qの発表らしい。
ロボットに期待して、将来性を夢見て監視していますが、いつまで下がるのか?
7月9日の1,931円が底と見ていいのかどうか?
チャートをみると、Wの文字になりそうな雰囲気もあるので、もう一回、1,931円近くまで下がりそうな感じがする・・・。
買いたいな・・・と思っていますが、まだ勇気がありません。

業績が中国の影響から下がり気味のようですが、潰れるわけではないと思うので、落ち着くまでの辛抱かな。

以下、ヤフーファイナンスのコメントを拾ってメモメモ。

☆.。.:*・☆.。.:*・


ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>、経常利益予想コンセンサスは、前週値の8,623百万円から3%下落し、8,368百万円となった。

対前年実績で見た場合14.6%の増益予想から11.2%増益予想に下方修正された。

会社予想値8,400百万円と比較すると、現在のコンセンサス予想はほぼ変わらずの見方となっている。

因みにレーティングコンセンサスは4.0から3.6に下降した。

レーティングも出てます。

東海東京
目標株価 1900って((+_+))

そんなに業績芳しくないのでしょうか?


25日カイ離率マイナスランキング(JASDAQ):7月21日
7位 <6324> ハーモニク かい離率 -9.44% 終値2,089円か・・・

ここまで、売られる理由はメインマーケットが中国だからという連想ですかね?
このところ、バタバタしたからもう少し様子を見ますか・・

☆.。.:*・

目先は生産活動と中国経済が不透明感あり、BOXに入っている、2000円〜2150円のBOXだ。
ここは概念的には設備関連としての評価、但しこの会社の成長シーズは、精密減速機一本から次第にメカトロニクス機器が育ち始めている。
メカトロニクス機器は更に付加価値が高く、売り上げ利益率は減速機を凌ぐもの。
売り上げ減でも利益成長は大いに期待される所以。
相場には、買い、売り、休みがあるのだ。


本日、出来高40万株・ティック回数1241。

停滞気味だけど、中国問題がある中では、
まあまあじゃないかな。

8/10(月)の1Qを楽しみにしましょう!



-->

3521 エコナックHD今後の見通し無料情報

7月23日、9時半現在の株価は、130円 -5となって、140円を割り込み大きく下がってしまいました。
120円で止まるのか、様子見です。

陰線2日目ですし、陰線が2日続くと、3本目もありそうなので、参加するのは、怖いかな・・・。

下記は、DTCさんからの無料メルマガ情報、メモメモです。

------------------------------------------
先週から2007年6月高値170円を意識した目先のフィニッシュ&放り上げを行ってきたエコナック、

ピッタリ170円高値を記録しました。
ここからは上下の揺さぶりに注意が必要となり、実需は良好にみえても、トレンド的には
かなりしんどくなっていることから上値追えるうちに一気に追ってしまって、そこから140円上で
足場を固める動きになるのが理想的な展開。

ここで中途半端に上値追い切らず、140円処をバッサリ下回るような中折れ・亀裂の入る大きめの陰線が出来た場合は一旦、終了となる恐れがあります。

その場合は、深追いされない方が無難です。
------------------------------------------

そして、昨日は、169円止まりで上値追いきらずとなりましたので、株価は逆回転の動きで急落となっています。

今日の雰囲気を見ますと、下限140円ですと、浅すぎ。

目先の下限120円処がひとつの目安となり、ここをバッサリと下回りますと「エコナック相場、一旦、終了」となりそうです。

-->

ムーミンテーマパーク フィンテック 今後の動向

市場で話題を集めている“旬な銘柄”の動向

アルプスさんの無料メルマガ情報です。
8789 フィンテック注目されています。

やはり、調整になるみたいで、
初押しは買い、と書かれています。

☆.。.:*・ ☆.。.:*・ ☆.。.:*・


待ちに待った「ムーミンテーマパーク」正式発表。

再び仕手化狙いで209円買い推奨!さっそく、
ストップ高まで駆け上がりました。

ここからのフィンテックですが、
本日ストップ高引けとなりましたので、
250円突破から第二ステージ突入も。

260円前後までの上昇でいったん
陰線を作りにくる可能性も想定しておきたい。

いずれにせよ300円台は当たり前か?


本日まずは250円突破できないのであれば、
いったん、終わったふりを演じるような
篩い落としが入るかも知れません。

逆に篩い落としが入りれば
、初押しの突っ込みチャンスになりそうです。

引き続き、監視したいと思います。



※(7/2号209円推奨 235円ストップ高+12.4%)

-->

8789 フィンテック ムーミンで夢を見られるか?

8789 フィンテック 

企業のファイナンス支援が主ですが、
フィンテックは、「ムーミン」に
関連する銘柄としても人気です^^。

本業の業績も良さそうですし、
大人から子供まで知っている
ムーミンの世界の施設ができる。

8789 フィンテックが夢株となるかですが、
本日はマイナスに転じています。

本日の無料メルマガ情報では、

株価 233円 -2

意識される戻り高値は目先2014年12月
高値295円となりますが、目先の
値動きとしては急ピッチの株価上昇から

一旦200円上での値固め、同時に
5日線(184円)との乖離縮小、
下値サポート待ちとなりそうです。

とのことで、調整が済むのを待って
からのほうが、火傷をしないで済みそうです。


☆.。.:*・ ☆.。.:*・ ☆.。.:*・ 

8789 フィンテック企業情報 メモ。
何回も読んで参考にしたいと思います。


前期+6億8,400万の黒字着地。
今期予想は+12億見通しと約2倍近くの
業績変化率。加えて

『2017年オープン予定 〜
世界初進出「ムーミン」の世界を
体験できる施設が誕生〜』を発表。

http://www.fgi.co.jp/archives/001/201506/55922a4904599.pdf

『なぜ、ムーミンは日本で
一番人気なのか 本国トップが
明かす10年で売上高6倍の“裏事情” 』
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20150311/Diamond_68129.html

また、前に放送された、テレビ東京の
「未来世紀!日本」でフィンランドの
特集が組まれていました。

その放送では、ムーミン関連の
キャラクターグッズの売り上げは
約700億円でその3割が日本で
占めているとのことなので、国内の
ムーみン経済効果は約210億円と
試算されます。

その
「国内でのムーミン経済効果の
恩恵が今後、期待出来るのではないか!?」
という株価展開となっています。

意識される戻り高値は
目先2014年12月高値295円となります。

まずは今日の終値の位置を確認してから
今後の株高リズムをはかりたいと思います。


-->

3356テリロジー 4736日本ラッド

銘柄 3356 テリロジー
699円を目指すのか、693円から調整に入るのか、
ワクワクドキドキのせかいになっているみたいです。


無料:銘柄情報 のメルマガが届きました。
メモメモで、置いときます。
参考にされてください。

でも、上に行くのか、下にいくのかはわかりませんので
私は、眺めているだけになりそうです。

下がったら、参加したいとは思っています。
「手垢の少ない新たなネットセキュリティ関連」として見直し注目されています。
今日の段階では下値目処、浅めで600円か、深めで500円で目算を修正。

この下値目安を切り上げることが出来るかという点も見ていきたいところです。



わたしは、4736・日本ラッドにちょびっとだけ参加しています。
4777・ガーラは、3の法則、上昇3日目なので、売りました。
なかなか、中長期で持っていることができない性格です。

☆.。.:*・ ☆.。.:*・ ☆.。.:*・   ☆.。.:*・

ここから、無料メルマガ情報

昨日『大規模、複雑なシステムで発生する障害を、迅速かつ的確に診断するクラウドサービスを提供開始』を発表。
http://www.terilogy.com/ir/pdf/press20150701.pdf

これを好感して前場693円の高値を記録。
昨日、提示しました『2007年3月高値699円』を意識される展開となりました。

★3356 テリロジー

株価 672円 +50

DTCサイドでは「4日連続ストップ高・激短で株価+2.5倍増している銘柄」という認識でしたが、
市場サイドでは、昨日の商いのこなし具合、今日の雰囲気を見る限りでは
どうやら「お、テリロジーっていう良い銘柄があるじゃない」という認識のようで、
今になって注目度が高くなり、直近の過熱感を無視をして先に『
2007年3月高値699円』を意識される動きとなりました。

ちなみに『2007年3月高値699円』を上抜けば、次は『2007年3月高値798円』に跳ね上がります。

ここからですが引き続き、押し目・下値を探っていきたいと思います。

「未知のウイルスを検知」という内容で採りあげられ

「手垢の少ない新たなネットセキュリティ関連」として見直し注目されています。

今日の段階では下値目処、浅めで600円か、深めで500円で目算を修正。

この下値目安を切り上げることが出来るかという点も見ていきたいところです。

https://www.dream-trader.com/
(6/15株価 275円・6/26株価 313円 ⇒ 高値 693円)
---------------------------------------------------------------------------





 発 行 者

■ドリームトレードドットコム【福岡財務支局長(金商)第76号】
■株式会社ディーティーシー
■URL  https://www.dream-trader.com/ 
■Mail info@dream-trader.com
■住所 〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-14-22 センチュリー赤坂門ビル6F
■TEL:092-732-1095

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メルマガは、株式会社ディーティーシーが作成・発行する
メールマガジンです。本メールマガジンは投資判断の
参考となる情報の提供を目的としておりますが、当社の投資助言や
提供情報はお客様の利益を保証するものではありません。
株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や
発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等
により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する
際には『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に
対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『コース案内』の記載を
ご参照ください。

-->

4777ガーラ 2015年6月23日 見通し

★4777 ガーラ 

株価 1168円

6月4日(木)に記録した高値3,035円ありましたが
先日発表された大量保有報告書で社長の菊川 曉 氏が
保有株を売却していることがわかって、株価は急降下。

高値 3,035円 ⇒ 6月19日 1,103円まで下げ、
         6月23日 1,168円

6月19日・
"フリフオールスターズ"日本語版の
50万ダウンロード達成についてのお知らせ】を発表。
http://www.gala.jp/pdf/pr_20150619.pdf

これを話題に株価は上昇しています。


☆ 12日(金)に四季報が発売されましたが、
今期予想・来期予想の数値を見る限りでは、
注目のゲームアプリ"フリフオールスターズ"で、
爆発的な業績の伸び・改善が期待出来るのでしょうか?

今回のダウンドロード数の発表をきっかけに、
できるだけ早く、100万、200万ダウンロードと
発表できるか・四季報の予想・見通しを覆すことが
出来るんでしょうか?


☆ 株価は、日足・週足・月足ともに
 「戻りは売りのトレンド」高値3,035円から
 大きく下がっています。

・一気に900円前後まで下げてしまうか、
 来週26日(金)の終値が1,500円以上で引ける、
 ハイリバウンドで売り一巡した流れを示すことが
 できるかどうかを、監視、様子見。

 900円まで下げるのか、1500円に向かうのか
どちらの方向に向かうのか・・・・・。

-->

6092 エンバイオHD 2015年6月15日 株情報今後の見通し 

6092 エンバイオHDについて
2014年3月20日に高値・2581円をつけてから
長い調整があって、2015年5月15日の491円の底値、
6月15日の今日は、725円ストップが剥がれて、終値は675円。


DTCさんのメルマガに6092 エンバイオHDの
今後の見通しが書いてありましたので、参考までに
メモメモ・・・・。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

株価 678円 +53

四季報が販売され、前期+4,700万で着地。
今期の会社予想は+2億6,000万見通しと、
業績変化率は実に5.5倍。

前号の四季報では今期+2億、最新号では
+2億6,000万と、今期の見通しを上方修正する
業績上ブレ期待の強気見通し。



加えて来期の四季報予想は+3億見通しと、業績は増収増益
見通しと業績変化率&株価の変化率が期待されます。


また、驚くのは月足のRSIの低さ。

上場来高値2,581円から、株価は一方通行に叩き売られ、
月足のRSIはたったの「21.39」水準と超売られ過ぎ。

ここからですが、終値ベースで740円台に乗せることが
出来るかがポイントに・・・・。

早々に740円大台に乗せれれば、その勢い次第で
2014年10月高値の940円・
2014年9月高値の1,016円

どちらかの戻り高値を意識した展開に進展する可能性があります。

(6/15株価 655円 ⇒ 高値 725円ストップ高)
https://www.dream-trader.com/

業績は増収増益見通しと業績変化率&株価の
変化率が期待されます。

しばらく、追いかけて見たいと思います。




-->

3823 アクロディア 今後の見通し 

3823 アクロディア 人気株 メモメモ^^。
http://www.nikkei-dtc.com/blog-entry-4483.html

終値 925円 -77

告知されたいましたアクロディアが、
目先浅めで950円付近の下値目処まで下げてきました。

ここからは、一般的には目先1,000円前後の値固めに持っていって
仕切り直しのスタンスに持っていけるかどうかとなります。

でも、需給面を考慮しますと
短期下値750円、深押しで650円付近まで
落ちてもおかしくない流れが見えます。

この750円、650円方向の流れを真っ向否定するには
最低でも1,500円まで戻す必要があります。

その1,500円戻しを狙うにしても、やはり目先は

1,000円前後の値固めに持っていって仕切り直しの
スタンスに持っていけるかどうかとなります。

-->

3113 Oakキャピタル 2015年3月10日

3113 Oakキャピタル 

株主無償割り当てによる新株予約権の発行で
82億円を調達と発表したことで先週は場中に
寄り付かずに引けました。

まだ売りは止まっていないみたい、ということです。

新株発行となると、1株あたりの価値は希薄化。

3113 Oakキャピタルは、下落が始まったばかりではないかと・・・。

285円に200日線があり、一旦反発するかもですが、
総合的に判断すると、250円はすんなり割れることを想定。

最終的には、200円まで下がっても
おかしくないだろうとのことです。

他に、同じようなファイナンスを出した銘柄の
過去の動きをいくつか検証してみると、
その後数ヶ月に亘りダラダラ下げています。

3113 Oakキャピタル、曰く付きの銘柄として、
「触らぬ神に祟りなし」、他の銘柄を探したほうが
無難ではないでしょうか・・・との
ドリームトレードドットコム さんからのメルマガ情報です。

-->

2362 夢真ホールディングス

2362 夢真ホールディングス 
最高益更新し、株価上昇に期待が高まるとして、
元カリスマ証券レディ 雨宮 京子 さんが推奨しています。

11月に631円の底値から、今日855円まで
ゆっくりですが、じわじわと上昇中。
✩   ✩   ✩   ✩   ✩

2362 夢真ホールディングスは
施工図作図事業から始まり、
建築技術のサポートとして建築に特化した人材と
業務のアウトソーシングを手がける企業です。

施工図作図事業では、質の高い施工図面を素早く
大量にお客様に提供するため、業界に先駆け、
海外の設計事務所との通信ネットワークを充実させ、
技術者育成に取り組むなど、質の高さに強みを持っているようです。

人材派遣についても、建築業界の慢性的な
人員不足による需要増が高まっており、
同社の好調さを支えています。

企業業績だけでなく、配当利回りも高く、4%以上。
業績好調で株価UPと期末配当取りで
株価UPの両方を狙える事も魅力でしょう。


おりしも、日本取引所はインフラファンドの設立を
発表するなど、まだまだ建築関係の材料は豊富です。
この勢いにのって、年初来高値1173円の更新が
できたらいいな・・・・。

-->

3624 アクセルマーク 今後の見通し 2015年3月9日

3624 アクセルマーク 株価2740円まで下げてきました。
2700円台までいくかも・・・の
メルマガで情報がありましたが、本当になっています。

下げ止まりを確認するまでは、見守る方が良いと、
再度、メルマガが送られてきました。

✩   ✩   ✩   ✩   ✩  


3/4にメルマガにて見通しをお伝えしました。
http://archive.mag2.com/M0090939/20150304103822000.html

「今の値位置が中途半端で、ここから2,700円方向へは
覚悟しておきたいところ。」としておりましたが、
本日2,700円処まで突っ込みました。

まだまだ、大きな投げが出たとも感じず、
上値も相当重いため、一旦3,200円近辺まで
反発があったとしても、しばらく横ばいでの調整、
または、2,100円までの突っ込みも想定しておきたいところ。


去年人気化した銘柄ですので、
今年も人気化するとは限らず、
明確に反発を確認できるまでは、
手は出しにくい銘柄となってきています。

------------------------------------
  発 行 者
■ドリームトレードドットコム


-->

3727 APLIX これからどうなる? 2015年2月19日

3727 APLIX 株価1612円

12月18日の1050円から、
2月12日、2315円まで2倍以上の上昇。
2315円の高値から大きく下落冲の3727 APLIX。

ソフトウエア基盤技術から機器間無線通信に事業軸をシフト。

きょうの報道では、
「CES Unveiled Tokyoで、アプリックスの
最先端の技術を搭載した家電製品を初公開」
とのことでしたが、好感されることなく下がりました。

下がるきっかけとなったのが、決算発表。

今期の通期実績が-26億円の赤字。
次期予想の経常利益は公開なし。
営業利益だけで見ると次期赤字額は減る予定。

赤字拡大となったことでギャップダウンスタート、
チャートは、ダブルトップに・・・。
1858円をあっさり割れてしまいました。

好業績銘柄は、押し目をしっかり買っておけば、
地合いの上昇と共に上がっていきやすい傾向
なのですが、3727APLIXは、赤字決算、
好業績ではないため、押し目買いも入らず、
空売りができない銘柄の特徴の、

「売りは一方通行」

今の中途半端な値位置で切り返すよりは、
1,497円の75日線をタッチするか、
割ってあげたほうが、反発もすんなり入りやすくなります。

75日線が底になると思います。
でも、上がるにしてもリバウンド狙いで、
投機株と割り切ってお付き合いしましょう。

との、無料メルマガ情報をいただきました。

1497円までは、様子見、
リバウンドはどの辺までかなあ?

2325円から1497円の差額は、828円。
828÷3=276
1497+276=1773円

こんな計算でどうかなあ?

とにかく、1497円まで急がずに、監視です。

-->

3264アスコット業績4倍増で期待される出遅れ低位株

3264アスコット・ふるい落としで
ジェットコースターのようになっていますが、
今後の展開がどうなるのか気になります。


無料情報メルマガからですが、参考になれば・・・
3264アスコット・217円をつけて、きつい下げになっていますが
ふるい落としながら、上昇に向かうとのことですが
信じて見守ることができるかどうか・・・。

通期予想+5億500万と業績4倍増の
見通し変わらずの内容は期待が膨らみますが
上げ下げのきつい難しい銘柄のようで、
ディトレならいいのでしょうが、
215円を超えるまでは持ち越すのは
しんどいようです。

でも、いつ、215円を超えてくるんでしょうね?




✩   ✩   ✩   ✩   ✩   ✩

3264アスコット
業績4倍増の変化率で株価の変化率も
期待される出遅れ低位株


前期は減収減益で+1億2,500万の黒字で着地。

そして今期の見通しは何と+5億500万と
業績4倍増を掲げていることから業績の変化率と共に
株価の変化率にも期待されます。

目先は170円台乗ってきますと一気に
昨年高値217円を意識した展開になる可能性も.


そして、その後1Q決算発表がありました。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1207858

結果、通期予想+5億500万と業績4倍増の
見通し変わらずの内容から市場では

「業績4倍増の見通しに揺ぎない、確定した。
これで業績変貌と同時に株価変貌に期待だ」

という展開から株価は本日も一気に上放れました。

月足のRSIはまだ「65」水準と過熱感も無く、
今日の動きで2014年1月以来、
実に1年ぶりに買い転換、長期上昇トレンドの
初動月となりましたので、ここからは株価は
上下に振って過熱感を冷ます篩い落とし局面があっても、
普通に考えれば押し目買い優位の流れは
続くのではないかと見ています。
--------------------------------------
1月29日 高値 273円
2月3日  安値177円
2月6日  高値217円 終値 175円


そして株価は
【ここからは株価は上下に振って過熱感を冷ます
篩い落とし局面】の流れから2/3安値177円を記録し、
上下に振っての篩い落しからの
本日リバウンド展開となっています。

レシオはたったの「25」水準と超売られ過ぎの展開から
現時点ではリバウンドの範囲の動きですが、
本格的な上昇、仕切り直し展開になるには
終値ベースで215円を超えてからとなりそうです。


ここからは終値ベースで215円乗ってから、
順張り買いも押し目買いも狙いやすくなってから
見直し注目しても遅くないと思います。


-->

2158 UBIC 人工知能関連  サイバーセキュリティ関連 

2158 UBIC 株価1,126円

1080円で100株購入。
1150円を抜けると値動きが軽いと無料メルマガ情報ですが、
1421を超えることができるのか?

売り時に悩みます^^。

2158 150202.jpg



同社の3Q決算は2/10発表予定となっています。

前期-6億2,900万の赤字から今期は
1Q、2Qで既に黒字を維持。


今期の見通しは一転しての通期+6億1,000万の黒字見通し。
ところが四季報予想は+7億の黒字見通しであることから、
通期ベースでの上方修正期待も高まります。


RSIは「57」水準と過熱感は無く、
まずは今年の高値1,141円奪還を確認から

と申し上げ、本日は1,126円ストップ高で
まだ今年の高値1,141円奪還とはなっていませんが
終値ベースでの今年の高値は1/7終値1,084円ですので、
今日はこのまま引けますと新たなステージに
突入することとなります。

本日IRを発表
「ソーシャルメディアをモニタリングする
人工知能搭載システムを開発、
法執行機関向けに実証実験を開始」
http://www.ubic.co.jp/ir/

これを好感した格好した株価の動きですが、
来週2月10日(火)に3Q決算発表を控えています。



2015年テーマ株として注目の「人工知能関連」
http://archive.mag2.com/0000279303/20150123123824000.html

過去、映画やドラマで描かれていた「未来」

ロボットが人間のようにはびこる世界が描かれていましたが、
この未来が現実となる日が近づいているようです。

この人工知能をベースとした最先端技術
「プレディクティブ・コーディング」を搭載した
フォレンジックソフトウェアを開発したのが、
ご紹介のUBIC。

この技術では、サンプルデータからパターンを読み取り、
事件への関連の有無や重要度を自動的に判別。


人間の目視を100とすると、この技術では
約300倍の速度で判断が可能になるといいます。



また、昨年サイバーセキュリティ基本法が成立し、
急増するサイバー攻撃から政府や
重要インフラなどのシステムを守る有力な施策で、
その完全実施が求められていますが、
この人工知能を用いて、人間の目の届かない
細部まで監視することが可能になります。



「人工知能関連」だけでなく、「サイバーセキュリティ関連」
としても注目されているUBIC。

2015年の大化けとなるか!?


本日は、2/2の日経産業新聞で「人工知能(AI)を
活用したビッグデータ分析事業を手掛けるUBICは、
短文投稿サイトのツイッターなどへの
書き込みを短時間で分析し、
犯罪の予兆を検知するシステムを開発した。



人間の4000倍の速度で情報を
処理できるのが特徴だ。
警察などは犯罪防止のために
ソーシャルメディアを監視している。


書き込みの急増で業務が難しくなっており、
AIの活用で支援する。」

と報じられたことが好感され、ストップ高に。

1,150円を抜けてくると、そこからの上値は軽そうです。




※無料メルマガでは、人気株の見解を中心にご紹介していますので、
参考になれば幸いです。売買の参考にされる際は、
ロスカット値など明確に設定されて下さい。

発 行 者
◇アルプス投資顧問 福岡財務支局長(金商)第14号
◇株式会社 アルプスインベストメント
◇URL http://www.nagareboshi.jp/




-->

メタンハイトレード リニア  トンネル工事 国策 鉱研工業

6297 鉱研工業
メタンハイトレード リニア  トンネル工事
全国的な橋の老朽化による工事など
国策に通じる事業の 鉱研工業。

結構息の長い仕事になりそうかも・・・と
想像してしまいました。

現在、利益確定に押されて下降中ですが、
落ち着いたら、押し目を購入しようかな・
と思っています。

✩   ✩   ✩   ✩   ✩


地下資源工事用掘削機械で有数。
温泉開発工事など施工も行う。
日立建機と提携。
アジア深耕中。

ボーリング機器が災害復旧や地盤改良向けなど活況で、
機器本体、部品販売好調、部材費低減などの
効率化も進め業績は上振れ基調。


日本経済新聞は今月3日、経済産業省が15年度に
メタンハイドレートの調査を本格化させると報じた。

これを受け、地下資源工事用掘削機械大手の同社株に関心が強まる。
同日には地熱発電の拡大支援に向け、経済産業省が
建設費の債務保証枠を3倍以上に拡大との報道もあり、
地熱発電関連の一角としても注目が集まる状況となっている。

また、地中を掘削して地質を調べるボーリング機器を
手掛ける同社の技術はリニア新幹線でも活用される可能性が高く、
アルプス山脈のトンネル工事に向け技術を
開発中であることなども報じられている。

その他、東日本大震災の復興、
福島第一原発事故対策、
首都圏直下型並びに南海トラフ地震対策、
防災・減災対策(国土強靭化)、トンネル・
橋梁の老朽化対策など
国策を含んだ材料も豊富なのも魅力だ。

直近の株価はメタンハイドレート、地熱発電、
リニアでの注目から値幅取りの短期資金主導で荒い値動き。

急騰後は連休前、米雇用統計見極め動きから
利益確定売り優勢になるも、今週は買い戻し優勢の展開を見込む。

息の長いテーマが数多く、短期のみならず
中長期での上昇も期待できる銘柄だろう。

-->

3900 クラウドワークス

3900 クラウドワークス

株価 1,710円 +260 
(1/7株価 1,550円 ⇒ 高値 1,730円)

同社は日本最大級のクラウドソーシングサービスを
運営する企業で、経済産業省、総務省、
国土交通省、外務省など政府4省を始め、
約20の都道府県や地方の自治体にも利用されています。

行政はもちろん、企業もヤフーやグーグルなどの
ネット大手、ヤマハや大塚製薬、講談社や
日経など幅広い活用が進んでいます。

海外では、これまでGoogle、Yahoo、YouTube、
Twitterなどが選出され、テクノロジー系の
ベンチャーにおける登竜門として注目を集めている
Red Herring主催のITベンチャーアワード
「2014 Red Herring Global」に
選出されるなど海外での評価も高い企業です。

株価は12/15株価 1,071円 ⇒ 12/17株価 2,040円の
3日連続陽線と同じ株高リズム・上昇波動を形成。

同時に株価N字波動を形成の流れから今後、
終値が1,800円以上で引けるようですと
先高期待の強い展開、2,000円大台乗せからの
新展開へと弾みが付きます。

-->

4564OTS 2015年1月7日これからの見通し

4564OTS株、年末に売り損なって、せっかくの
利益が吹っ飛んでしまって、泣いております。

久しぶりに4564OTS株の無料情報メルマガが
届きましたので、メモメモ。

500円の攻防戦になりそうです。
きのう、504円の安値がありましたが
500円は守られていますが、午後からはどうでしょうか?

✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩

4564OTS株は、昨年「癌細胞の消滅」の
研究結果を日米の各大学から発表し、
11月は大相場(10/28平均取得 226円 ⇒ 高値 736円)となりました。


2014年12月30日の大納会から、株価は続落となっています。
どちらの日も市場の売買エネルギー(出来高・売買代金)ともに
低調な省エネ相場であったことから追撃材料不足・
手垢の多いOTS株は売買エネルギーの小ささから
値が重く感じ、利食い売りに押されています。

ひとまずポテンシャル抜きに、株価のリズムとしては
目先は分かりやすく500円処が大きな生命線となります。

この500円処を下回って、更に簡単に460円処を割れてしまうと、
簡単に400円方向に突っ込みやすくなります。
また400円方向へ突っ込んでしまうとダラダラと
戻り売り優勢の流れで300円方向まで
下がってしまう展開が予想されます。

一方で早々に600円台を回復し、その後600円台を
下回らない展開となりますと
相当強い銘柄という空気になってきます。

以上のことから、今月の「オンコセラピー・サイエンス」は
下限500円で如何に踏ん張れるかが重要となります。

そして日々の売り圧力を吸収して次への助走距離・
日柄調整を行えるかがポイントになってきます。

500円処を多少下回ってもその後、直ぐに戻れば
堅調なトレンドは辛うじて維持されるものの、
明確に460円処をバッサリ下回ると
短期での上昇相場は終了となる可能性が高いので、
その際は深追いされないほうが無難です。

-->

4564 OTS 株価  今後の見通し 2014年12月29日 

無料銘柄情報: 4564 OTS&今後の見通し ■■■


★4564 OTS 株価 円 647円 +77 

12月29日の本日、665円まで行って現在下降中、
ストップいくのか、それとも・・・・。

11月、大相場((10/28平均取得 226円 ⇒ 
高値 736円・短期で3.2倍)となった
「オンコセラピー・サイエンス」ですが、

12月26日の無料メルマガでは、

✩   ✩   ✩   ✩   ✩   ✩

目先は終値でこの554円をキープして
終値ベースで600円大台に乗ることが重要となってきます。

RSIはまだ「60」水準と11/27に記録した
「93.25」から見れば過熱感は全然ありませんので
600円大台にしっかりと乗って来ますと
11月・年初来高値736円を意識した展開に進展しそうです。

----------------------------------------------------

と申し上げました。

明日30日(火)大納会の終値で週足・月足が確定します。
今回は500円以上で引ければベターな展開。
ベスト展開は600円以上で引けることでしょう。

この600円以上で引けるか引けないかで
来年2015年の新春相場の株高リズム・アップテンポの
リズムが変わってきそうです。


-->

4564 OTS オンコセラピー・サイエンス(株)今後の見通し

4564 OTS 株価  終値 12月25日 529円 +52
 (12/25株価482円 ⇒ 高値 548円)

本日 513円で200株 購入して持ち越ししました。

今日でゴールデンクロスにダブルボトム、
おまけにカップ・ウィズ・ハンドルを達成。
だそうです^^。

チャートを見て確認してくださいね。


DTCさんの無料メルマガ情報

ジリジリと株価は切り上げており、目先460円台を下限に
500円前後の値固め、上値は553円処に小さなフシがあり、
ここを明確に上抜けてきますと、いよいよ600円大台
チャレンジが視野に入ってきます。

25日のチャート
ots.jpg

日足のRSIもまだ「56」と11/27に記録した
「93.25」から見れば過熱感は全然ありませんので、
ここから、もう一発ワンアクション・力強い動きとなるかが重要です。




-->

4564  OTS 今後の見通し

4564  OTS 501円  +58
  
12月17日の株価は373円の安値を記録。

12月19日は、410円から523円まで上がって、
501円で終わって、陽線二日続きました。

高値 736円に向かうのでしょうか?
気がつくのが遅くて、500円以上で参加したので、
現在マイナススタートの私です。(汗) 

DTC無料メルマガ12月10日の見通しは

株価400円前後を下限目安に400円〜500円台で
足場を固める動きが出来るかどうか。

中期目線では12月30日(火)の大納会での終値が
500円〜600円内に飛び込むこと出来れば相当強い足。


「2014年12月10日 共同研究者のシカゴ大学グループからの論文公表に関して」
http://www.oncotherapy.co.jp/whatsnew/index.html

開発中の薬剤は、DNA損傷を起こす抗がん剤や
放射線治療と併用することで、抗がん効果が更に高まる可能性が
示唆されたというポジティブサプライズが発表されてました、。

-->

5724 アサカ理研 株価 今後の見通し

5724 アサカ理研 株価
 
(12/16株価 2,690円 ⇒ 高値 2,950円)

12月16日はリバンドか?と思わせたアサカ理研ですが
17日は、2371円まで下がって、終値は2471円。

無料メルマガは、3200円に向かうのか?
1650円に向かうのか・・・と言っています。

75日線のところで、止まることはないのでしょうか?
2・3日でどこに向かうのかわかりそうです。
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*   

DTC 無料メルマガより メモ

○同社は10月末(株価463円)に、日本原子力研究開発機構と
共同研究するレアアース・レアメタルのリサイクルについて
研究成果を発表。

日本原子力開発機構が持つ技術を応用すると、
廃材内のレアアースを低コスト・高効率に高純度で回収できる
という内容で、この共同研究の発表を材料に
株価は8,940円まで上昇しました。

株価19倍の人気化からさすがに規制も入り、
株価も2,501円まで下げるスピード調整を行いました。
その後は規制解除もされ、そして本日は同じ11月に大相場となった

2929 ファーマフーズ
(10/20株価 641円 ⇒ 株価 3,180円)】を
彷彿したかのような、触発されたかのような
リバウンド展開となっています。

目先に関してはリバウンドの動きであり、
ここからは上値25日線(3,927円)が意識されるのか。
それとも75日線(1,650円)が意識されるのかを
見ていく必要がありそうです。

それも今回のリバウンド力次第といえそうで、
ひとつの目安として、今後、終値で3,200円台に
乗せれるかどうかを見て後日、当メルマガで
最新情報をお伝えしたいと思います。

-->

3010 価値開発 2014年12月10日 今後の見通し

3010 価値開発 株価60円
(アルプス会員11/26号44円買い→高値71円+61%)

株価は、12/8に2013年4月高値61円奪還したことで
注目度も高まっており、引き続き終値50円キープを条件に、
ジワジワ100円大台を目指してくると見ています。

決算発表は上方修正されているし、外国人旅行客が増えて
これからも、楽しみな会社とお見受けしました。

二桁銘柄の3010 価値開発、50円を下値として
追いかけてみたいと思います。
ただ、これ、現金でしか買えないみたいなのです。


■━━━━━・・・・・‥‥‥………

3010 価値開発 (株価60円)は、ホテル事業、不動産事業で
今期経常利益黒字化を目指しており、11月の決算発表では、
中間・通期共に上方修正を発表。

11月19火日に発表された訪日外客数は、
短月過去最高、年間でも過去最高を上回っており、
これから、年末の旅行シーズンとなりますので、
記録更新が期待できると思います。

訪日外客の恩恵を最も受けているのが、
2009年の高値454円と、2012年の安値の22円の
61、8戻しである288円を奪還し、
12/3に高値326円を付けた「8202ラオックス」。

昨日、上海市場が大きく売られたこともあり、
チャイナマネー思惑銘柄である同社も軟調モードでしたが、
本日の日経400円以上の下落はほとんど影響なし。

株価は、12/8に2013年4月高値61円奪還したことで
注目度も高まっており、引き続き終値50円キープを条件に、
ジワジワ100円大台を目指してくると見ています。

ラオックスも38.2%戻し、半値戻し、61.8戻しと
段階を踏みながら、想定通り大化けとなりましたが、
価値開発の2005年の高値445円と、
2009年の安値の9円の38.2%戻しは【175円】。

まだ、二桁株ですが、ここから100円大台に
乗せることが出来れば第二のラオックス】としての
思惑も強まるのではないでしょうか。

※無料メルマガでは、人気株の見解を中心に
ご紹介していますので、参考になれば幸いです。
売買の参考にされる際は、ロスカット値など
明確に設定されて下さい。
■━━━━━・・・・・‥‥‥………
◇アルプス投資顧問 無料メルマガより


-->

6871 日本マイクロニクスのおさらい&今後の見通し 2014年12月9日 6871 日本マイクロニクス

6871 日本マイクロニクスのおさらい&今後の見通し 2014年12月9日

12月9日 6871 日本マイクロニクス 株価 3,765円 -170
12月10日 午前 3825円 +80
となっています。

如何に24ヶ月線(3,255円)方向に向かって
投げ売りが出るかが今後のリバウンドに向けて
とても重要な動きとなります。

との昨日の無料銘柄情報でしたが、今日の上昇は本物なのでしょうか?
12月16日(火)が底打ちで、17日(水)が16日を
上回って終わることができれば、反転開始とのことですが・・・。

大きな陽泉が立つまでは、手を出せない雰囲気です。
まいくろ.jpg



前回12月4日(木)のDTCメルマガの無料情報では
-------------------------------------------------------
前回11月26日(水:株価4,435円)の無料情報で

株価はここで如何に下に突っ込めるかが重要。
中途半端に切り返すと、かえって上値が重くなるだけですので
需給面を考えれば、いっそのこと4,000円割れの
オーバーシュート気味な投げ売りが出た方が、
今後リバウンドしやすくなるのでは?と見ています。

と申し上げ、株価は翌日11月27日(木)始値 4,275円 ⇒
当日終値 4,595円の力強い陽線を立てました。
これが「中途半端に切り返すと、かえって上値が重くなるだけ」の
余計な動きをしてしまったパターンとなり、
結果28日(金)終値 4,570円。翌営業日12月1日(月)
反発しないといけない場面で出来ず、終値 4,395円の下放れ。

底打ちシグナルから反発出来ず。

今になって4,000円方向の動きとなっています。
さて次の、底打ちシグナルが点灯場面は12月16日(火)です。
ですので翌営業日17日(水)の終値が16日(火)の終値を
上回って引けれるかが重要となってきます。

しっかりと止まる場面で止まらないと、ジリジリと
24ヶ月線(3,226円)を意識した展開になってもおかしくありません。
----------------------------------------------------------
本日9日(火)ようやく明確な株価4000円割れが到来しました。

ここからは前回いっそのこと4,000円割れの
オーバーシュート気味な投げ売りが出た方が、
今後リバウンドしやすくなる」と申し上げているとおり、
如何に24ヶ月線(3,255円)方向に向かって
投げ売りが出るかが今後のリバウンドに向けて
とても重要な動きとなります。

中途半端に戻すとかえって上値が重くなってしまいます。

引き続き、株価に明確な変化があった際は
当メルマガで同社株の最新情報をお伝えしたいと思います。


-->

無料銘柄情報: 4564 OTS のおさらい&今後の見通し

無料銘柄情報: 4564 OTS のおさらい&今後の見通し
4564 OTS 株価 494円 +80
昨日は400円ギリギリまで下げたのに、
今日は、朝一、ストップ高になっています。  

11月、大相場となった「オンコセラピー・サイエンス」

12月8日(月)DTCさんのメルマガの無料情報では

株価は5日(金)安値461円を記録。
これで直近安値467円を下回ったことで【日足の下げ波動
「1、2、3(ワンツースリー)」の「2」の波動が確定】となり、
本日8日(月)は一気に下放れて安値410円を記録。

400円方向、25日線(409円)を意識した展開・となりました。

さて、ここからですが本当に強い銘柄であれば、
下げ波動「1、2、3(ワンツースリー)」の
「3」を迎えずに「2」で下げが終わります。

ここから株価400円前後を下限目安に400円〜500円台で
足場を固める動きが出来るかどうか。

中期目線では12月30日(火)の大納会での終値が
500円〜600円内に飛び込むこと出来れば相当強い足。

-------------------------------------------------------

と申し上げました。
その後の株価は401円の安値を記録。
株価400円台を維持、そして本日はカイ気配となっています。

その理由は

「2014年12月10日 共同研究者のシカゴ大学グループからの
論文公表に関して」を発表したことにあります。
http://www.oncotherapy.co.jp/whatsnew/index.html

論文内容は、開発中の薬剤は、DNA損傷を起こす
抗がん剤や放射線治療と併用することで、
抗がん効果が更に高まる可能性が示唆された
というポジティブサプライズです。

ここからですが400円上を維持したまま
明後日12日(金)の終値の位置が非常に重要となってきます。

今週末、400円を割ることなく、終わることができるのか?
200口のみ参加中です。
上げ下げが大きいので、怖々ですが、株に惚れてはいけないと思いながら
このお薬が本当に使えるようになったら、ガンで苦しむことが
無くなる!と思うと応援したくなります。

中長期で、見守りたいな・・・って
今は思っています。

に、しても、ストップ、剥がれませんように〜〜。
ここが、底になりますように〜。祈っています^^、


-->
タグ / 4564 OTS

6871 日本マイクロニクス &今後の見通し2014年12月4日

無料銘柄情報: 6871 日本マイクロニクス &今後の見通し

12月4日  株価 終値 4,045円 -270

7月3日の8920円から半値以下まで下がってきました。
このままでは、24ヶ月線(3,226円)を意識した
展開になってもおかしくありません。

とのこと、12月半ばまで調整が長引くかも・・・とのことです。
いつ購入するか、注目・監視していきたいと思います。





前回11月26日(水)当メルマガ無料情報では
----------------------------------------------------------
株価 4,435円。

下げ止まりのポイントとしては月末11月28日(金)にテクニカル上、
底打ちシグナルが点灯しているので11月28日(金)で止まって、
翌営業日12月1日(月)で反発、12月1日(月)〜5日(金)の週で
V字回復できるかが重要に。

一方で12月1日(月)の株価が11月28日(金)の株価を下回った場合、
下げが止まらない可能性が浮上。
ジリジリと24ヶ月線(3,120円)を意識した展開になってもおかしくありません。

株価はここで如何に下に突っ込めるかが重要。
中途半端に切り返すと、かえって上値が重くなるだけで、
需給面を考えれば、いっそのこと4,000円割れの
オーバーシュート気味な投げ売りが出た方が、
今後リバウンドしやすくなるのでは?と見ています。
----------------------------------------------------------

と申し上げました。

その後の株価は翌日11月27日(木)始値 4,275円 ⇒
当日終値 4,595円の力強い陽線を立てました。

これが「中途半端に切り返すと、かえって上値が重くなるだけ」
の余計な動きをしてしまったパターンとなり、
結果28日(金)終値 4,570円。

翌営業日12月1日(月)反発しないといけない場面で出来ず、
終値 4,395円の下放れ。

底打ちシグナルから反発出来ず。
今になって4,000円方向の動きとなっています。

さて次の、底打ちシグナルが点灯場面は12月16日(火)です。
翌営業日17日(水)の終値が16日(火)の終値を
上回って引けれるかが重要となってきます。

しっかりと止まる場面で止まらないと、ジリジリと
24ヶ月線(3,226円)を意識した展開になってもおかしくありません。

引き続き、株価に明確な変化があった際は当メルマガで
同社株の最新情報をお伝えしたいと思います。

ドリームトレードドットコム・無料メルマガより




-->

3299ムゲンエステート(改正マンション建替え円滑化法、関連銘柄)

3299ムゲンエステート(12月施行の改正マンション建替え円滑化法、関連銘柄)

今日の高値、1685円で終わるのか
1400円から1600円のレンジで調整して
六月高値の1759円に向かうのか注目したいと思います。

1400円で下げ止まるのか、それとも・・・。

✩  ✩  ✩  ✩  ✩  ✩

ムゲンエステート社は、中古マンションのリフォームを通じて
快適な住空間を提供している企業。
主に首都圏での中古不動産の買い取り・再販を軸に展開。

業績面では今期見通しが+27億円予想。
今期の四季報予想+24億、来期予想+26.5億を
なんと一気に今期で達成できる見込みとのことです。

「改正マンション建て替え円滑化法成立、12月施行へ 」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK20015_Q4A620C1000000/

「同社の成長可能性に関する説明資料」
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08256/7716f351/1b73/4600/a606/d581e891c174/140120140617093170.pdf

中古住宅が倍増傾向にある市場規模の大きさに加えて、
今回の法律を追い風に中古住宅・リフォームトータルプランを
発表・実施します。

説明資料21pに、「首都圏の中古再生事業で売上No.1を目指す」と、
首都圏に的を絞ってニッチなセグメントでナンバーワンを目指す
という部分は大口投資家(外国人投資家)が好みそうな潜在材料となりそう。

RSIは「64」レシオは「55」と過熱感はなく、
ここからは1,400円〜1,600円の調整レンジから
1,600円台乗せてからの
上場来高値1,759円を意識した展開となるか注目されます。

-->

4564 OTS株価のおさらい&今後の見通し

4564 OTS株価のおさらい&今後の見通し


4564 OTS 株価 540円 +63  

(10/28株価221円〜232円買い約定・平均取得 226円 ⇒ 高値 736円) 
「オンコセラピー・サイエンス」
昨日1日(月)当メルマガの無料情報では
-------------------------------------------------------
株価 487円。  

12月1日(月)は2日連続ストップ安の467円を記録。

このストップ安値467円到来で告知の
「目先下限目安450、460円」付近が到来し、
株価は一時、テクニカルリバウンドで
526円の高値を記録する場面がありました。

ここからですが終値ベースで明確に450円を下回ると
目先のテクニカルリバウンド相場が終了。

400円割れ、25日線(360円)を意識した展開になりそうなことから
短期勝負の方は450円割れたら
深追いしないほうがいいでしょう。

しかしながら今回の熊本大学との共同研究で発明された成果・
リリース情報を見る限りは今後、抗癌剤の歴史を
大きく塗り替える可能性を秘めいているだけに、
注目度は簡単には冷めないことでしょう。

そして気になるのは月足ベースでのRSIが
まだ「62」水準のなかで、しかも月足ベースでは
中長期の上昇波動「1、2、3(ワンツースリー)」の「1」
(10月165円〜11月736円)の波動が継続中。

さらに「2」「3」の波動が残っているということ。
大きな流れでの株価高リズム面でも注目が怠れません。
-------------------------------------------------------

と申し上げました。株価は告知の下限目安で下げ止まっての反発の流れ。

目先ですが、上値565円が意識されるフシとなっており、
この565円をしっかりと上抜ける・上抜けないかで
今後の株価の展開、流れが変わってきそうです。

引き続き、株価に明確な変化があった際は当メルマガで
同社株の最新情報をお伝えしたいと思います。


-->
タグ / 4564 OTS

4347 ブロードメディア12月相場、今後の見通し

4347 ブロードメディア 無料銘柄情報: &今後の見通し
「4347ブロードメディア」、ニュースが出たようです。

4347 ブロードメディア 株価 333円 +18 

月足のRSIはたったの「55」と2013年5月に記録した
「93.85」の過熱感から見ると明らかに売られ過ぎの水準。

11月の月足はしっかりとした陽線を立て、
12月相場は更なる上昇が期待されます。


ということで、現金で参加してみることにしました^^。
ディトレも、動きがあって、できそうな雰囲気とおもうのですが・・・。


目先は280円を下限目安に今の相場環境、勢いを考えますと
一気に一発ストップ高・大幅高の放り上げ展開があってもいいところです。

そういう意味ではフィニッシャー的な未だ動きがないことから、
今の上昇トレンドのなかでワンチャンス350円〜400円辺りに
一旦飛び込む上昇があってもいいのではないかと見ています。





ソフトバンク関連の企業で、クラウドゲーム事業に力を入れ、
将来、任天堂(Wii)、ソニー(プレステ)などが手掛ける
ハードウェア(ゲーム機)を脅かす存在になるのかどうか注目される


【スクウェア・エニックス社が「DIVE IN(ダイブイン)」
サービス開始日決定のお知らせを発表いたしました】
http://www.jp.square-enix.com/company/ja/news/2014/html/879bfa7e6d81429d1e18f3b53dbef7d1.html

※ 「ブロードメディア」は「スクエニ」に、ストリーミングサービス
「DIVE IN(ダイブイン)」に対して技術提供しています。
http://www.atpress.ne.jp/view/50826

※「DIVE IN(ダイブイン)」の評価・レビューは大変、高評価となっています。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sqex.game


もともと、環境テスト実施を行うと告知していたのが、
まさかの早期での本格的にクラウドゲーム事業の開始を発表しました。

となりますと、週末11月29日(土)の日経報道で
「ヤフーの子会社がアマゾンの半額以下でクラウドでゲーム配信。」

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO80283600Z21C14A1TJ2000/

ヤフーの子会社 ⇒ ヤフーはソフトバンクの連結子会社 ⇒
ソフトバンク関連のブロードメディアからスクエニに続いてクラウド技術を提供、

こちらも早々にクラウドゲーム開始 ⇒ソフトバンクグループ内で
シナジー効果が生まれるのではないか?という思惑が絡んできます。


引き続き、株価に明確な変化があった際は
当メルマガで同社株の最新情報をお伝えしたいと思います。



-->

8202 ラオックスの今後の見通し

8202 ラオックス
今日で一応ピークかも・・・・。
調整にはいるかも・・・のメルマガをいただきまたので、メモメモ。

230円くらいまで下がるかも・・・だそうですが、
どこからそんな数字を出すのかなあ、?

230円あたりまで、様子見ですかねえ。

✩  ✩  ✩  ✩   ✩

11/27(木) アルプス投資顧問無料メルマガ!



アルプス看板銘柄の仕手株「8202ラオックス」。
無料メルマガでも連日ご紹介し、株価は317円まで上昇。
ただ、本日で目先ピークをつけた可能性ありますので、
230円前後までの調整も想定しておきたい。


-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。