ホーム » 初心者 実践 チャート教室

上げの差し込み線は買いシグナルだそうです、

上げの差し込み線

上げの差し込み線 とは、前日引け値から上離れて寄り付いた後、陰線で引け、
翌日は下離れて寄り付いたのち、急反発して陽線を立て、
前日の陰線の実体内に突き返したもの。

上昇相場への突入を暗示し、買いシグナルとなります。

前日引け値から上離れて寄り付いた後、陰線で引け ・・・10月2日
翌日は下離れて寄り付いたのち、急反発して陽線を立て、
前日の陰線の実体内に突き返したもの。・・・・・・・・・10月3日

今日は陰線ですが、参加中。
2138 クルーズです。








-->

7707 PSS 三の法則 当たり

PSS 7077

三の法則を無視して、高いところで買ってしまってびびって
おりましたが、三の法則は、えらい!

怖いので、半分利益が出ているうちに売りました^^。

明日に期待して半分持ち越しします。

赤の次は赤、陽の次は陽。
ほんの少しでも、今日の終値よりも上で始まれば
私の大好きな上昇率8割のチャートになります。

陰線をおんぶした形も、酒田さんちの、上昇に向かうチャートの
形だったような・・・。

明日に、注目・・・・
期待していますね、PPSさん^^。

-->

初心者の株サークル 三の法則

初心者の株サークルで教えていただいた、三の法則 まとめ。

1 陽線 三本目を買わない。
2 買いで、陰線引けは持ち越さない。
3 陰線2本目の次は、買いで注目。

4の1 基本的に買いは、陰線発生で利確する。 

 の2 4本以上連続陽線の1本目・
    2本目陰線の次は買いで注目

 の3 4本以上連続1本目
    2本目陽線の次は買いで注目
  
      

-->

初心者が株式投資で稼ぐ方法

典型的な損する初心者とは、
「何か特別なトレードテクニックがあるんじゃあないか」と
考えることこそに最大の欠陥があるということです。

売買のテクニックは、チャートの方向性とローソク足で判断する」これしかないのです。

投資本などは、これに権威性を持たせるためにいろいろな
肉付け(装飾)をして読者を納得させるわけです。

このトレードの本質部分を
理解できないのが初心者で、
本質のポイントを押さえたのが
ベテランと言えるのではないでしょうか。

つまりベテランと初心者に違いがあるとすれば、
売り買いのテクニックではなく
「チャート判断してやるかやらないかの決断力の違い」
だと思います。
(初心者の株サークル より)

株で勝つには、
「チャートの方向性とローソク足で判断する」
これを覚えるしかないようです。

初心者の株サークルでは、繰り返し、繰り返し
これでもかって、チャートの写真がブログにのります。





-->

今日の暴落を避けることができた理由

初心者がトレードで成功できる唯一の投資手法とは??

80%の確率で勝てるタイミングでインして

80%の確率で損をするタイミングで逃げること。

実践! チャート教室
「三の法則」に従ったら、私は買いしかできないので
監視銘柄に買える銘柄がなくて、ポジションゼロになっていた。

-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。