ホーム » 会社情報>2158UBIC

2158UBIC どこまで下がるのか?

それはテクニカル的に見ても明らか。

ダブルトップを形成。25日線も下向きになりつつあります。目先は920円までの下落を想定していますが、最終的にはこの920円も割れると思います。

最大800円まで下落するとのメルマガ情報を8月29日に
いただいてましたが、その通りになるのでしょうか?

まずは、920円くらい、その後800円まで下がるとの予想。

今日907円の安値をつけています。
800円になるまで待ってみます。



-->
タグ /

2158UBIC 2014年8月29日 今後の見通し

2158UBIC 2014年8月29日 今後の見通し

28日取引終了後に、第三者割り当て増資を発表。
新株発行することになり、1株価値が希薄化する。

今後の見通しは、大きく下げることになるらしい。

基本的に、株価が4〜5倍まで上昇すると、
そこでいったん終焉を迎える銘柄が多く、
大きな調整に入るようです。

テクニカル的に見て、ダブルトップを形成。
25日線も下向きの方向らしい。

とりあえずは、920円まで下がる可能性が高いらしいのですが、
最終的には、920円も通過点のようで、
最大800円まで、下がることが考えられるとのことです。
下落の勢いが加速して、25日線を割って、
空売りが入らないだけに、下げ始めたら一方通行とのことです。

下がったと思って、安易に買うことは、
落ちてくるナイフを拾うことになるようです。


いったんUBICは終わり!と割り切って、
新しい銘柄に挑戦したほうがよさそう、とのことです。


-->

2158 UBIC 今後の見通し無料情報

2158 UBIC 
朝一番、398円の底値から、473円まで上昇。
1時45分の現在、443円です。

14日に417円で購入の200株、450円で売り。
買い戻そうか、検討中。

来週500円まで戻るかどうか・・・で今後。600円に向かうか
400円まで下げるか、だそうです。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

ドリームトレードさんの無料情報

・2014年度の本決算は -6億2,900万でした。
(2月13日に発表された会社側の通期予想は-3億6,000万。
市場予想は-1億。
四季報予想は-1億8,000万で大幅な下方修正)

・しかし2015年度の通期見通しは+6億1,000万。
  (四季報予想 +5億を上回る上方修正。)

上記の内容、前期→今期へ驚異的な業績の変化率が期待出来る。
株価は本日398円の安値を記録し、これで【400円方向の深い押しを行う】の
調整を確認でき、決算も無事通過。

「好決算の確認+スピード調整」の合わせ技が、
実際の株価・実需面に反映されるのかどうかが重要となる。

ここから株高のリズムを考えると
「来週19日(月)〜23日(金)の間に株価530円辺りまでの
 リバウンドがあるのかどうか。
そのためには明日16日(金)〜来週の前半のうちに
 終値で500円大台に乗っておくこと」

この展開が確認できれば、
短中期で再度600円チャレンジの可能性が浮上。

一方、来週500円大台に乗せきれない場合は、株価のグダつきから
追々、400円を下回る可能性があります。

引き続き、株価の動きを見て後日、
当メルマガで最新情報・見通しをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク





-->

2158 UBICの今後の見通し無料情報

2158 UBIC、購入はもう少し様子見かも・・・


2158 UBICは、空売りの入らない銘柄ですが薄く
ピンクで線を引いているところを見ていただくと、
下げだしたらあまり反発も入れずに
下げ続ける傾向にあるのが見て分かると思います。

今日出来高もあり、下どまりりとは思えないそうで、
チャートの節目75日線400円割れは想定しておきたいところ。

ubicチャート(DTCリンダさんメルマガより)
http://www.nikkei-dtc.com/blog-entry-2789.html

スポンサードリンク



-->
タグ /

信じてよかった^^。

◇<マザーズ>UBICが買い気配 米ナスダック市場に上場へ
2012/11/02 09:55

(9時55分、コード2158)買い気配。
気配値を値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比1000円(15%)高の
7890円まで上げているが売買は成立していない。
現時点で、ストップ高水準で差し引き約4万1000株の買い越し。

日本時間1日夜に米ナスダック市場への上場を目指し、
米証券取引委員会(SEC)に登録届出書を提出したと朝方発表。
材料視した買いが膨らんだ。
「主力市場の米国での知名度向上などが狙い」(同社の担当者)といい、
好感した買いが入った。
 同社は国際カルテル訴訟や知財訴訟などの過程で要求される
電子データの証拠保全や調査・分析を手掛ける。

2日付の日本経済新聞朝刊では、年内のナスダック上場を目指すほか、
業容拡大へ資金調達すると伝わっている。
日本国内での新株の募集・売り出しは行わないという。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕


-->
タグ /

上げの包み線を形成

2158 UBIC

上げの包み線を形成して引けたようです^^。
上昇に向かうのでしょうか?
期待したと思います。
2012・10月11日 株価 6390円 
まずは、6700円を超えてください。

-->
タグ / 包み線 UBIC

<2158>UBIC 大和証券レーティング

<2158>|UBIC がやっと動き出しそうです^^。
待ったかいがありました。頑張って欲しいです・。

Rating/証券各社レーティング
格上げ-強気

コード|銘柄名 |証券会社 |従来 |変更後 |目標株価
------|-------------|-----------|-----------------|---------------|--------
<2158>|UBIC |大和 | --- |「1」新規 |6750円
<3811>|ビットアイル |大和 |「3」 |「1」 |940円

-->
タグ / UBIC

UBIC 新規受注前年同期越えました

銘柄情報
【2158】(株)UBIC

関連ニュース
銘柄別掲示板
野村證券は、同社のレーティング「Buy」、
目標株価12000円を継続した。

UBICの守本社長への取材を踏まえ、短期的には
先行投資費用が嵩むものの、同社の米国法律事務所の間での
プレゼンス向上、大型案件の受注機会増加等により、
持続的な業績拡大が見込めることを確認できたという。

同社のeデリスカバリの新規受注は4−6月期で15件
(前年同期は13件)。

受注残は非公表だが、13年3月期会社計画の達成に
十分な量はすでに内定している模様であるそうだ

-->
タグ /

UBIC 2158 情報

UBIC 2158 なかなか思い通りに上昇に向かわず、ただ今含み損
すごいことになっていますが、底を打ったように思うのですが・・

気長につきあっていきたいです〜
有望銘柄発掘、中期狙いだそうです。

NSJ日本証券新聞8月21日付けでは、同社を有望銘柄発掘、中期狙いとして紹介。

-->
タグ /

UBIC <2158 銘柄情報

 UBIC <2158
銘柄情報
大幅続落。
一時は安値5160円を付け、年初来安値5010円(7月24日)に迫った。
9日に13年3月期の第1四半期(4−6月)決算を発表。
連結売上高13億2100万円(前年同期比18.3%増)、
経常利益4億5900万円(同21.8%減)で、
2ケタ減益だったことが嫌気されたようだ。

同社はデジタル・フォレンジック事業を手掛け、
コンピューター犯罪などに関して原因究明に必要な機器、
データを収集・分析する手段、技術の提供を行っている。

現在、米国、韓国、台湾の海外展開に取り組み、
人員確保のほか、新データセンター(クラウド)構築、
独自の電子証拠開示支援ソフトの機能向上に注力。
これらが利益面の減少につながっているとみられる。

通期予想は連結売上高60億円(前期比16.9%増)、
経常利益23億8000万円(同4.1%増)で変更なし。

-->
タグ /

UBIC、情報

UBIC、動かないどころか、株価が下がるばかりなので、
売ろうかどうしようか迷っていますが、
ここまできたら、信じて、もう少し様子をみようと思います。

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/editors.aspx
訴訟支援のUBIC、新興市場で急浮上の実力

2012/7/20 6:00
直近1年で東証マザーズの時価総額上位に躍り出たUBIC。

国際訴訟支援というニッチな市場で国内随一の強みを持つ
伸び盛りの企業だが、さほど認知されていないのが実情だ。

事業の特殊性ゆえに「強みを積極的にIR(投資家向け広報)でアピールしにくい」
という弱みを抱えているためだ。

しかし、その壁を乗り越えれば、市場での評価はさらに高まる可能性がある。

UBICは訴訟支援の中でも、メールなど電子文書を開示する
「eディスカバリー」と呼ばれる作業の支援サービスを手がける
数少ない日本企業だ。

米国では企業間の訴訟事案が発生すると、まず原告と被告が、
双方の証拠データを開示する。
このときに開示するデータが多ければ企業内の情報が
必要以上に外部に漏れてしまうし、
足りなければ不利な立場に立たされてしまうため、
過不足なく提示することが求められる。



具体的な業務はこうだ。
顧客や弁護士事務所から依頼を受けて、電子データを預かる。
膨大な電子データを独自のシステムで解析・検索して、
訴訟で提示すべき材料のみを抽出する。

それを法廷での証言報告書としてまとめる――。
この作業は、法務と資料検索の両方に通じていなければならず、
「データベースの作り方やデータを検索するキーワードの決め方など
独自のノウハウを蓄積してきた」(守本正宏社長)。

野村証券の繁村京一郎アナリストも
「一見すると、検索技術を持つ会社にとっては参入障壁が低そうに見えるが、
法律という専門性の高い分野だけに新規参入しても
キャッチアップに時間がかかるだろう」と指摘する。


米国にも日本企業向けに同様のサービスを展開する企業があるが、
UBICは言語上の優位性も高いという。
例えば「京都」に関連した文書を抽出しようとすると、
どうしても「東京都」を含む文書までヒットしてしまう。

UBICはそうした日本語ならではの癖も加味した
効率的な検索技術を構築してきた。
最近では韓国語など日本語に言語体系が近いアジア圏にも手を広げている。

2009年2月。
パナソニックが三洋電機を買収する際、米連邦取引委員会(FTC)が
競争法上問題がないか審査していたときのことだ。
三洋電機は膨大な書類の精査を求められたが、
そうした精査を専門に請け負う米国企業は日本語の解読に不安があった。
そこで、三洋電機が白羽の矢を立てたのもUBICだった。
大手企業の引き合いも多いという。

今後の需要も伸びそうだ。アジア企業の海外進出が進み、
国際訴訟に関わることが多くなっている。野村証券の繁村氏は「eディスカバリー市場では案件当たりのデータ量が増加傾向にあるほか、国際行政調査の需要増も見込まれ、今後も市場拡大が続くだろう」とみる。

 市場拡大や受注増を背景にUBICの業績も好調で、
2012年3月期は売上高が前の期比90%増の51億円、
営業利益が2.1倍の22億円と大幅に伸びた。

前期はシステム投資を増やしたものの、それを吸収する形で案件が増加。
今期も韓国の大型案件が寄与するため、増収増益を見込んでいる。

6月には米国法律事務所が「eディスカバリー」の事業者を選択する際に
参照しているガートナー社の格付けも取得。

米国の訴訟では、米国法律事務所が事業者を選ぶことが多いため、
格付けの取得は受注増に大きく貢献しそう。
加えて米国弁護士事務所の弁護士を招いて日本企業向けに
セミナーを実施するなど顧客開拓の取り組みも強化。
守本社長も「少しずつ効果が出ている」と言い、
手応えを感じているようだ。

もっとも、それに反して足元の株価は伸び悩んでいる状況。
それは、UBICが抱えるIR上の2つの問題も
少なからず影響しているとも取れる。

1つは業績予想が保守的になるために、予想PER(株価収益率)が高くなりやすく、
割高に感じられやすいことだ。
UBICのビジネスモデルでは、訴訟が進むほど収益が上がりやすく、
初期段階で和解すると収益貢献度は下がる。
受注した案件で、訴訟がどこまで進むのか、事前の予想は難しく「
堅めの数字」を公表することになりがちという。

実際に前期は四半期ごとに上方修正を繰り返し、株価もその都度修正された。
こうした開示は、期初の段階で実績に近い業績予想を開示した場合に比べて
株価の上昇を遅らせる要因になり得る。

また、顧客の機密保持のため、どの案件を手がけたのか
開示できないことがIR上の足かせになっている。
顧客に開示を許されたのが、前述の三洋電機のみという状況だが、
実際にはそれ以上の規模の企業から多くの案件を獲得しているもよう。

UBIC自体の知名度が低いうえ、手がける仕事も
「eディスカバリー」という一般には馴染みのない専門的な分野となると、
認知度を上げるハードルは元来高い。

「顧客はビッグネームなのに言えない」というジレンマが
投資家に実績をアピールできない大きな壁になっている。

アジア企業が米国で訴えられたと伝わると、UBICの株が上がる――。
市場でも実力を評価する声が少しずつ出ているが、
まだそうした連想が働く状況にはない。
「国際訴訟関連銘柄」として株式市場で認められるには
IR上の工夫も求められているのかもしれない。

みんなの株式さんより

-->
タグ /

UBIC情報 こんなの見つけました^^

ヤフーの掲示板から、

UBICの株価は今、テクニカル的に観てまさに正念場!!
今日は出来高も増加、トレンド転換へ着実に足固めをしています。

上昇トレンドの第一歩として:
@ 遅行スパンが26日前の株価を抜けること
A 転換線が上向きになり基準線を抜けること(現在、微妙)

結論として:
B AGGRESSIVE(攻撃的な, 攻撃の, 積極的な, 活動的な)投資家なら:
2〜3日以内に株価6980を抜ければ、“買い”

C CONSERVATIVEな(守旧;地味;消極的;保守;固陋 投資家なら):
200日移動平均線、現在7689、を抜ければ、買い”!!

現在、ヨーロッパでは、FTTSEが+0.52% DAXは+0.84%も上昇しているので
明日にでもBの可能性有り・・・

しかし、この株はフォーカスの執拗な売りの為、
テクニカルがあまり通用しない面もあります。

(投稿者のID/ニックネーム:plan_alternative)


-->
タグ /

株価10倍を狙える銘柄

株価10倍を狙える銘柄

「海外投資のカリスマ」として知られる
グローバルリンクアドバイザーズ代表の
戸松信博氏が、選んだという15の魅力的な銘柄。

その中に1社だけ「日本株」がはいった。
戸松氏が解説する。

 * * *
今回、徹底的に調べた結果、
「日本にもこんな銘柄があったのか」と驚かされたのが、
UBIC(マザーズ・2158)である。

同社は欧米で急増している国際訴訟における電子データ収集や
分析を行ない、今後ますます増えると見られる訴訟リスクに対する
日本企業からの引き合いが相次ぐのは必至。

特筆すべきは60%を超えるROE(株主資本利益率)の高さだ。
これは日本企業として突出しているのはもちろん、
今回厳選した世界の注目銘柄のなかでも際立っている。

株価10倍増が狙える数少ない日本企業のひとつといえるだろう。

※マネーポスト2012年夏号

--------------------------------------------------------------------------------

-->
タグ / 株価10倍

UBIC. 買い増し

そろそろ、上がってください。

銘柄 取引 UBIC
約定日 12/05/24
株数 10
平均約定単価 7,010
手数料. 191
課税額. 9
受渡金額. 70300

(--) 保

-->
タグ /

<2158> UBIC情報

UBIC---いつになったら落ち着くんだろうか?
そろそろ、下げ止まってくれないかなあ・・・。

野村證券の投資判断、信用していいのかなあ?
業績は悪くないので待つしか、ハラをくくってはいますが、
挫けそうになる〜

今期業績計画に失望感が先行
<2158> UBIC 7330 -240
昨日、本決算を発表し、今期売上高は前期比17%増の60億円、
営業利益は同5%増の24億円と増収増益見通しとなった。
ただし、前期の114%営業増益に対して
今期は小幅増益見通しに留まり、
失望感が先行する格好に。

なお、野村証券では、今期の会社予想はこれまでと同様に
受注が確定した案件中心で、新規案件については
ほとんど織り込まないという前提で策定されており
保守的とコメント。

投資判断「バイ」を継続し、
目標株価を1万2000円から1万4000円へと引き上げへ。

提供:FISCO

-->
タグ /

2158 UBIC

2158UBIC が」いよいよ、動き出しそうです^^。

大きな窓を開けてしまったので、月曜日がドキドキもんですが
でも、4月1日に株式2分割と配当金がが、4倍とのこと。

業績がいいからと予想されますから、心配しないで、
上昇を待つことにします^^。


分割等の権利・UBICの分割(分割比率1:2)の基準日が
2012/03/31(土)なので、分割の権利を得るには、
権利付最終日の2012/03/27(火)までに
購入しなければなりません。

だそうです^^。






-->

uBIC 年初来高値

UBIC. 今日は、19400円の高値を付けた後は、調整?
2万円を超えるまでは、売らないつもりですが、三月は、
企業が決算の為に売る月らしい。

彼岸底、の格言もあるし、どうしよう?

UBICも売られるんだろうか?
目標額に届くまで、持ち越すことが出来るだろうか?
こんなに利益が出た事がないので、欲張らずに
一旦利益確定した方がいいのだろうか?
迷ってしまう・・・・・・・・


UBIC<2158>:18890円(同+320円)


しっかり。
野村が中小型株マンスリーをリリースし、同社などを取り上げたことが
買い材料視されているようだ。

過去の海外投資家の売買動向を確認すると、
海外投資家の大型株の買い越しが急増した後に中小型株へ
資金が回ってきた点などを指摘。

同社については、今期の会社予想が大幅に上方修正されたが
1-3月期の受注を全て織り込んでおらず依然として保守的な印象とコメントしている。

-->
タグ /

UBIC

UBIC,調整が終わったんでしょうか?
何とか、値をもどしてきたようです。
明日は、月曜日、22000円に向かって出発進行となるのでしょうか?

今年は、出来るだけじっくりと、経営内用の良い会社を
追いかけてみたいとおもいます。

-->
タグ /

UBIC 2158

2月15日現在です^^。
はじめて、こんなにプラスになりました。
待っていてよかった・・・。

株式(現物/特定預り)
2158 UBIC 現買 現売
保有株数 20
取得単価 13,437
現在値 17,890
評価損益 +89,060


人気ブログランキングへ

2158 UBIC 現買 現売
20 13,437 17,890 +89,060

-->
タグ / UBIC

UBiC. 2158.

2158UBIC. 上昇中です晴れ

昨日と今日の午前中、調整で、少し下がりましたが、
アワテルこと無く、持ち越ししています。

以前のわたしなら、怖くって売っていたでしょう。

今回のUBICは、業績が良い事が見込まれること。
業種?が、これからの時代にあっていると思うので、
まだまだ、伸びていく会社だと思っています。

5日線? 緑色の線より上にいるし、

野村証券が、22万円、、、、、、って、ホントかなあ。
前回の19万円は、達成しているんですが、どこまで付いていけるか、


持ち株は、13500円平均で30株
今、利益は、45000円位です。

明日は、一ヶ月目標の、五万円、突破出来るでしょうか?


-->
タグ / UBIC

野村証券 世界で通用の中小型株 UBIC

野村:世界で通用の中小型株「JAPAN BRAND」10社を選定 - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LXCOKA1A1I4H01.html

1月6日(ブルームバーグ):野村証券は5日、
世界で通用する日本の中小型株10銘柄を
「新JAPAN BRAND」として選定した。

医療や介護、環太平洋経済連携協定(TPP)
参加などに伴う規制緩和、グローバル市場で
競争力を発揮する銘柄など3つの切り口から選んだ。

10銘柄は
シップヘルスケアホールディングス、
メッセージ、
アイン
ファーマシーズ、
ゼンショーホールディングス、
吉野家ホールディングス、
UBIC、
パスコ、
大研医器、
ライオン、
ドクターシーラボ。

-->

UBIC(2158)YAHOOニュース

YAHOOニュースより

YAHOO!JAPANファイナンス 「ニュース・コラム」 日本株

 [チャート・ワンコメント]
権利落後の値固め順調のUBIC、通期へ期待強く、1月急伸も

 12月12日(月)14時25分配信サーチナ

UBIC(2158)の12日(月)株価は
770円高の1万5100円まであった。
9日(金)の380円高に続いて買われた。
日足チャートは、9月28日に株式2分割の権利を
落としたあとの値を固める動き。

権利付最終値2万9300円(9月27日)に対し、
9月28日の権利落ちでは1万6190円で始まり、
高値は1万9000円(10月7日)、
安値は1万1980円(11月10日)。

現在は高値と安値のほぼ中間値近辺でのモミ合い。

今期(2012年3月期)に対する期待が引き続き強い。
今期営業利益は13.5%減の9億2000万円の見通し。
しかし、既に、中間期(4〜9月)で営業利益14億3100万円を
挙げていることから通期への期待が強い。

今日発売の四季報・新春号での今期営業利益は14億円の見通し。
1株利益についても会社予想380.1円に対し、四季報は532.2円の予想。

「今度のオリンパス <7733> の飛ばし問題でも、
同社のコンピュータフォレンジングが活躍したのではないか」(中堅証券)。

コンピュータフォレンジング技術はパソコン、携帯電話などの
メール履歴を掘り起こし証拠として確立する。
時流に乗るビジネス。
第3四半期決算は2月2日に発表の予定で、
今後、決算発表接近で通期への期待はいっそう膨らむものとみられる。

動きが煮詰まり1月に急伸の公算は強い。
仕込んでおくところだろう。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media‐IR)》

-->

2158 (UBIC) 293位

2158 (UBIC) 293位

ニュースリリース

<2011年 デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500>にUBICがランクイン。
その順位が293位だったみたいですね。

【デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500とは】
「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」は、
アジア太平洋地域のTMT業界(Technology, Media & Telecommunications)における
企業の売上高成長率によるランキングを発表するもの。

主な対象業界は通信、ネットワーキング、コンピュータ/周辺機器、インターネット、
半導体、電子部品、電子機器、ソフトウェア、コンテンツ、
バイオテクノロジー、製薬、医療機器、グリーンテクノロジー、
メディア/エンターテインメント。

直近3年間の売上高成長率を対象とする。
「デロイト テクノロジー Fast 500」プログラムは、
1995年から北米で実施しており、ヨーロッパ、アジア太平洋地域においても
最も急速に成長している企業500社の努力を称え、
成長中のテクノロジー企業の知名度を世界に高める支援を目的に、
2002年から開始した。

ちなみに日本企業は34社がランクインしているみたいです。

-->

UBICを買った理由

UBIC:27日にシンジケートローン契約を締結したことを発表
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0928&f=business_0928_056.shtml

■ 事業資金の心配もなくなり、
成長のための積極投資が可能となる

リーガルテクノロジーのUBIC <2158>2158の日足チャート は、
27日にシンジケートローン契約を締結したことを発表した。

三菱東京UFJ銀行をアレンジャー兼エージェントとする、
総額700百万円のシンジケート方式による
実行可能期間付タームローン契約を締結した。

この契約により、長期安定的な資金を確保することができ、
機動的な資金調達により、積極的な設備投資が行える上に、
資金効率化が可能となる。

ヤフー掲示板よりhttp://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1002158&tid=2158&sid=1002158&mid=15193#under-deli

同社は、前期より売上高27億4百万円(10年3月期比2.86倍)、
営業利益10億63百万円(10年3月期△1億88百万円)、
経常利益10億12百万円同△2億22百万円)、
純利益7億29百万円(同△4億63百万円)と
大幅増収増益で黒字転換を達成し、
事業規模が急拡大している。

今期業績予想についても、8月9日に
第2四半期業績予想の上方修正を発表しているように、
前期の急成長は今期も引き続き継続している。

事業規模が急拡大していることにより、
投資資金の拡大が予想されているが、
今回のシンジケートローン契約を締結したことにより、
機動的な設備投資が可能となり、
同社の今後の成長を支えることになる。

契約期間は11年9月30日より5年間(実行可能期間1年を含む)
であることから、当面は、事業資金の心配もなくなり、
成長のための積極投資が可能となる。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

-->

目標株価 投資判断 監視銘柄 モーニングスター社提供

目標株価だそうです。
10月初旬までは、日経平均株価は下がる傾向のようですから、
監視銘柄を、探していきます。

まだ、買うのは怖いですが、参考にしたいと思います。



☆ ミクシィ <2121.T> ―新規 投資判断「Hold」(中立)、

  目標株価 31万8000円   
9月13日現在株価  31万5500円

☆ ディー・エヌ・エー(DeNA) <2432.T> ―新規 投資判断「Buy」(買い)、
  目標株価 4610円      
9月13日現在株価  3850円


☆ グリー <3632.T> ―新規 投資判断「Buy」(買い)、
  目標株価 2760円     
 9月13日現在株価 2431円


☆ ヤフー <4689.T> ―投資判断「Hold」(中立)継続、
  目標株価 3万2600円→2万9700円  
9月13日現在株価 2万4140円(
☆ サイバーエージェント <4751.T> ―新規 投資判断「Hold」(中立)、

  目標株価 26万5000円      
9月13日現在株価  21万7900円

☆ 全日本空輸(ANA) <9202.T> ―投資判断「Buy」(買い)→「Hold」(中立)、
  目標株価 300円→270円     
9月13日現在株価    255円

☆ カプコン <9697.T> ―投資判断「Hold」(中立)継続、
  目標株価 1900円→2000円   
9月13日現在株価    1974円

☆ コナミ <9766.T> ―投資判断「Buy」(買い)継続、
  目標株価 2700円→2900円   
9月13日現在株価    2735円 

 ☆ 投資判断は「Buy」(買い)、「Hold」(中立)、
   「Sell」(売り)の3段階、投資対象期間は12カ月

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2011-08-31 09:01)


-->

シップヘルスケアホールディングス

本当に、2500円になるんでしょうか。
中長期で、見守ってみます。

シップHDが小幅高、野村証は「Buy」継続、目標株価は2500円に引き上げ 3360.T
 シップヘルスケアホールディングス <3360.T>

野村証券では19日付で、投資判断「Buy」(買い)を継続、
目標株価は1950円から2500円に引き上げている。
 中・長期的に大規模病院の建て替え計画が相次ぐ点や、
足元で手術室工事やリハビリ機器販売などメーカー系子会社の受注の好調さを評価し、
同証券業績予想を上方修正。
連結営業利益について、
12年3月期88億円(前期比12%増、従来85億円、会社側計画は82億円)、
13年3月期108億円(従来102億円)、
14年3月期127億円(同120億円)
と試算している
 
目標株価は、中期連結1株利益成長率予想を15%に引き上げたことや、
過去のM&A(企業の合併・買収)案件の収益安定化にメドがつき、
貸し倒れの回収も期待されることなどから、
NOMURA400医療ヘルスケアの12年3月期予想基準PER16倍を適用し、
2500円に引き上げられている。
 前引けの株価は23円高の1648円ザラバ引け。
[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2011-08-22 11:46)

-->

シップヘルスケアホールディングス

NSJ日本証券新聞
シップヘルスケアホールディングス(3360) 

信用売り残が多いので監視していました。
野村證券が2500円の目標価格のようです。

本日、私の監視銘柄はほとんど真っ青。
そんな中で、頑張って赤く輝いてみえたので買ってみました。

9697 カプコンも下がっているので、自信ないけれど持ち越し〜。
 ∧ ∧
ミ ・。・彡 . 。 o ○ ♪
〜uuノ

*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・



*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・


超高齢化社会を支える医療インフラ作りをリードする
シップヘルスケアホールディングス(3360)の
投資判断「Buy」を継続し、
野村証券は8月19日付けで、
目標株価を1,950円→2,500円へと引き上げたそうです。

病院リモデルのプロジェクトの実績を積んできた点に加え、
11年3月期以降には子会社による手術室施工等など
病院機能の最先端化を支援するサービスラインアップが充実し、
大型プロジェクト案件をより広い範囲で引き受ける力が付いてきた。

12年3月期は足元でメーカー系ユニットの受注が好調な点を評価し、
証券側では12年3月期営業利益予想を
85億円→88億円(前期比12%増)へと引き上げた。

また、13年3月期は07年の建築基準法改正で延期されていた
リモデル案件の検収が見込まれ、
営業利益108億円(前期比23%増)を予想。

14年3月期以降には、大規模病院や私立大学付属病院の
リモデル需要の増加が追い風になる見込み。


証券側予想には織り込んでいないが、同社が日本の医療機関の
リモデル支援にとどまらず、アジア圏の病院作りを支援することで、
日本の医療ノウハウや医療機器の輸出機会拡大を
後押しする取り組みに注目している。

同社は既にベトナム、トルコに事務所を設置し、
現地の医療機関の新設、移転プロジェクトの
受注活動を始めている。

通常はプロジェクトの検収までに3、4年要するために
業績貢献はまだ先と見られるものの、
長期的な成長源として受注動向が注目される。 (H)

[NSJショートライブ 2011年8月22日 9時44分 更新]
NSJ日本証券新聞 2011/ 8/22 17:18 [ No.20270 / 20274 ]


-->

銘柄情報 ユビテック

ユビテックの11年6月期は
営業利益22.3%増に上ブレ、配当増額も


ユビテック <6662> は22日引け後、
11年6月期予想の業績修正と配当増額を発表した。

11年6月期は、売上高が前回予想の32億円から

30億9500万円(前期比6.2%減)に目減りするが、

営業利益は同2億8000万円から

3億4000万円(同22.3%増)に上積みされた。

同社は、電子機器事業とモバイル・ユビキタス事業を両輪とし、

この期は東日本大震災の影響による部材調達難から一部納入が停滞し、

減収を余儀なくされたが、事業効率化とコスト削減効果でカバーし、

利益増額を果たした。

配当(期末一括)も前回予想の250円から300円

(前期250円)に増額された。

すでに6月期末配当取りの権利は消滅したが、

今回の増配は企業体質の強化および今後の事業展開を

勘案したうえでの株主還元策であり、

12年6月期に期待をつなぐものといえよう。

チャート上では、6月13日の年初来高値13万800円形成後に

調整局面入りしたが、足元では75日移動平均線との

上方カイ離是正とともに下値抵抗力が出始めており、

出直り再開の条件が整いつつある。

7月23日(土)10時26分配信 モーニングスター
提供:モーニングスター社

-->

監視銘柄

私、軍資金があまりないので、大きく動く銘柄が好きです。
2日から3日のスイングという取引になることが多いです。

軍資金が大きくなったら、中長期でじっくり見守る取引に
あこがれます。
ゆっくり、右肩上がりになっていく。
一日中ドキドキ、はらはらしながら画面と
にらめっこしなくて好い。


1984 三信建設工業

豊富な液状化対策工法を武器に耐震補強、
沈下修正工事の新需要掘り起こす

サムシングと似たような会社のようです。
監視銘柄にいれたいと思います。

今日もご訪問、ありがとうございます。
応援クリックいただけましたら、励みになります。
人気ブログランキングへ

-->
タグ / 監視銘柄

節電関連銘柄・ユビテックの情報

ユビテック(6662):節電関連、

すでに営業利益は通期予想をクリア
11/05/26 14:22

毎日、節電がテレビや新聞を賑わせています。
節電にかんするセミナーも満員御礼のようです。

ユビテック・2.3日調整中で下がっていますが、
監視しています。

☆☆★彡☆★彡☆★彡☆★彡☆★彡☆★彡☆★彡☆★彡

提供:モーニングスター社 (2011-05-26 14:12)

自動車や住宅の省エネシステムを中核事業としている
ユビテック <6662.OS> をマークしたい。

11年6月期連結営業利益は
2億8000万円(前期比6.5%増)の見通しだが、
第3四半期(10年7月-11年3月)の
同利益は3億3200万円(前年同期比2.4倍)と
すでに通期予想を超えている。

電子機器事業は生体認証モジュールや
紙幣鑑別ユニットなどのセンシングモジュールの
需要回復による受注が増加し、
自社開発製品であるオリックス自動車向けの
車載機事業が引き続き堅調に推移している。

省エネソリューション事業は
「Ubiteq Green Service」が
キヤノンSタワーに採用されるなど、
着実に伸長を見せている。

今後、「Ubiteq Green Service」は
震災による節電要請にも応え得る省エネソリューションとして
拡販のためのチャネル開拓を推進して行く計画だ。



◎注目株関連情報は投資の参考として
情報提供のみを目的としたものであり、
株式の売買は自己責任に基づき、
ご自身で判断をお願いします。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2011-05-26 14:12)

-->

株式新聞ニュース

5月16日 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS

今後の株の売買の参考にしたいと思います。


☆ ジパングHD <2684.OS>
ストップ高。13日に前3月期決算を発表。
今期は連結経常損益で5億9700万円の黒字
(前期は8億4100万円の赤字)と急回復を計画する。
探鉱事業における生産の中心を
フロリダキャニオン鉱山から
スタンダード鉱山に移行する予定だが、
金価格の堅調な推移が追い風となる。


☆ FESCO <9514.T>
急反発。
16日付日本経済新聞で大震災により発生した
がれきを木質バイオマスの燃料とする
取り組みが取り上げられた。




☆ nms <2162.OS>
3日続落で年初来安値を更新。
13日に前3月期決算を発表。
高成長率の継続が期待された今期の見通しは
連結経常利益6億3000万円(
前期比7.9%増)。
成長率鈍化を嫌気される。

☆ AMI <3773.T>
3日ぶり反発。
13日に前3月期決算を発表。
今期は連結経常損益で1億3000万円の黒字
(前期は1700万円の赤字)を計画する。
同社は前期まで6期連続の赤字となっていた。

☆ UTHD <2146.OS>
急伸。13日に前3月期決算と2万株
(発行済み株式の9.4%に相当)を上限とする
自社株買いを実施すると発表。
需給改善期待が浮上。
業績は今期49.7%経常増益を見込む。

☆ デジタルガレージ <4819.OS>
4日続落。
13日に今6月期第3四半期決算を発表。
連結経常利益は3億1600万円
(前年同期は3億7400万円の赤字)となった。
通期計画と比較した進ちょく率が63%と低かった。

☆ シコー <6667.T>
13日に今12月期の第1四半期決算を発表、
連結営業損益1億5000万円の黒字
(前年同期9900万円の赤字)となった。
株価は4日続落。

☆ ネプロ <9421.OS>
大幅続伸。
13日に発表した今3月期の連結業績予想で、
連結営業損益3億8000万円の黒字
(前期1億3500万円の赤字)と、
黒字転換する見通しにあることが好感された。

☆ サムシングHD <1408.OS>
3日続落。
13日に今12月期の第1四半期決算を発表、
連結営業損益7000万円の赤字
(前年同期5500万円の黒字)となった。

☆ クオール <3034.OS>
大幅続伸。
13日に発表した今3月期の連結業績予想で、
連結営業利益が36億2600万円
(前期比29.3%増)と、
大幅増益になる見通しが好感された。

☆ チップワン <3343.T>
続伸。
13日、今12月期業績予想の上方修正を発表
非連結経常利益は1億8000万円から3億6800万円(
前期比25.8%減)に引き上げ。
東日本大震災後を経て電子部品、
半導体の緊急的な需要が盛り上がり、
受注の数量、単価とも想定以上で推移。

☆ アイフリーク <3845.OS>
ストップ安。
13日、3月期決算を発表。
今期の非連結経常利益は前期比59.4%減の
1億3100万円と予想した。
ソーシャルアプリ開発などへの先行投資負担が拡大する。

☆上記の記事には未確認情報が含まれています。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2011-05-16 16:17)

-->

アミタホールディングス

11/05/11 完了(全部約定) 株式現物買
アミタホールディングス 2195 JQ 100
       100株× 1,570
持ち越し
5月13日終値 100株× 1636

一回は失敗かな?と売りましたが諦めきれず
再度挑戦することにします。

゚★,。・:*:・☆゚゚★,。・:*:・☆゚゚★,。・:*:・☆゚゚★,。・:*:・☆゚

☆ チャートもおんぶに抱っこのはらみ線ではないかと・・。
☆ この記事を見つけて、上がるまで待ってみようと思いました。

先読み作戦指令室=アミタHD

:高い業績進ちょく率、循環型システム展開に期待
11/05/13 13:29

廃棄物再資源化大手で、循環型社会システム作りを
手掛けているアミタホールディングス 2195.OS 。

11年12月期連結営業利益は
3100万円の黒字(前期3億5000万円の赤字)見通しだが、
第1四半期(10年1−3月)の同利益は
7500万円の黒字(前年同期比2.6倍)と
すでに通期予想を超えている。

地上資源の製造やリサイクルオペレーションなどを行う
地上資源事業では10年12月期に開設した
川崎循環資源製造所、北九州循環資源製造所の
稼働から取扱高が増加している。

一次産業におけるビジネスモデルを再構築し、
地域の循環型社会の実現を目指す自然産業創出事業では
京都府京丹後市、栃木県那須町、岡山県西粟倉村などで
地域プロデュース業務を進めている。

今後、東日本大震災の復興需要も期待できそうだ。

午後1時4分時点の株価は129円安の1381円。

株価は4月14日に2880円高値を付けたあとに調整に入ったが、
急騰する直前の1400円台接近で、
そろそろ底入れのタイミングをつかみそうだ。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2011-05-13 13:19)

-->

モーニングスター社情報

エンジャパン <4849.OS>

 反発。18日付の日本経済新聞が11年12月期の
連結営業利益は19億円前後になる見通しと報じた。
会社側の前期予想は15億4000万円。
会社側は18日前場、「当社から発表したものでなく
前期決算は2月9日に発表する予定」とのコメントを開示。

ペッパー <3053.T>
軟調。17日、10年12月期業績予想の修正を発表。
単体売上高は増額したが経常利益は
4000万円から1600万円
(前々期比82.6%減)に引き下げ。
加盟金収入が減少し訴訟関連費用も膨らんだ。

ADWAYS <2489.T>
反発。18日付の株式新聞が取り上げた。
スマートフォン向け広告サービスが順調に立ち上がっている。


モジュレ <3043.OS>
3日ぶりに急反発。17日、昨年12月の営業実績を発表。
今3月期第3四半期累計(昨年4-12月)の売上高は
8億8600万円となり通期予想と比べた進ちょく率は79.7%。


日本通信 <9424.OS>
3連騰し連日の高値更新。17日、コンピューター業界で
販売代理事業を手掛けるアクト・ツー(非上場)との業務提携を発表。
日本通信のSIMフリー製品などの販売網拡充を進める。


免疫生物研究 <4570.OS>
急反発。17日、米ビージーメディシン社から、
免疫生物研究の「ガレクチン―3モノクローナル抗体」を
用いた体外診断用医薬品について、販売開始の報告を受けたと発表。
同医薬品は慢性心不全と診断された患者の予後評価を補助するもの。

 
陽光都市 <8946.OS>
急落。国土交通省の関東地方整備局が17日付で業務停止処分を下した。
複数社員による強引な電話勧誘が理由。
宅地建物取引業すべての業務を2月1日から
同月22日まで停止するよう命じた。
陽光都市は再発防止に努めると。


☆上記の記事には未確認情報が含まれています。
[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2011-01-18 16:34)


-->

スマートフォン (多機能携帯電話)関連ビジネス

日本通信 <9424.OS> が急騰。
一時2550円高の1万5950円まで買われ、
5日に付けた昨年来高値1万5870円を更新した。

13日、11年3月期の第3四半期(10年10-12月)決算で
営業損益が黒字に転換する見込みと発表した。

連結営業損益が1億4500万円の黒字
(前年同期は9億1000万円の赤字)になるという。

第3四半期決算は2月3日に発表する予定。
昨年の春からスマートフォン
(多機能携帯電話)関連ビジネスを強化し、
日本初のSIMカード販売を始めるとともに
SIMロックフリー製品を投入してきた。

11年3月期で営業損益は5期ぶりの
黒字転換を計画しており、
その一環でこの第3四半期での
黒字化を目指していた。


NTTドコモ <9437.T> との
相互接続を実現してMVNO
(携帯電話接続事業者)ビジネスを
本格化してから四半期ベースで
初の黒字化ともなるもよう。

4月からSIMロックフリーの動きが
日本で本格化することから、
先取って関連ビジネスを進めている
同社株が人気化している。

足元は過熱感を解消する動きも出ていたが、
新材料を得て再び注目度が高まった。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2011-01-14 09:55)


☆・*:..。o・*:..。o・*:..。o・*:..。o・*:..。o*・☆



日本通信、もう少しお付き合いしてみます。

今年の私の追っかけの対象になるかも・・・。

今年は、売買する株を2・3株に絞って
追いかけたほうがいいかな?

-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。