ホーム » アドバンテスト

アドバンテスト


車の電気電導化、
センシング技術の多様化
繋がる車、
鉄道の自動運転化、
工場の組立
ロボット制御、
医療機材、
勿論それを司る通信5Gサーバー及びサービスなど


これから絶対くる半導体。

(yahooファイナンス掲示板より)



298
yuk*****
4月10日 20:51
今日は日銀の今月4回目の指数連動型のETF買いがありました。
4月の指数連動型のETFの合計額は4,808憶円です。

設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFは今月8回目の12憶円。4月の人材投資の合計は96憶円です。

不動産投資法人投資口 J-REITは今月6回目の20憶円の買い入れがあり、今月の合計は120憶円です。


アドバンテストは日銀のETF買いで大きな影響を受けることで有名な銘柄です。
そのためETF買いがありそうなときには良く買われるのです。

最近日銀のETF買いがあるにもかかわらず半導体関連銘柄があまり上がらないのは、最近株価の急落によって顧客が資金を引き揚げたい申し出がヘッジファンドに多いためです。

顧客の申し出によって、ポジションを解消しなければならないヘッジファンドが、増えているためだと言われています。

ヘッジファンドの多くが、日本株はアドバンテストのような半導体関連銘柄を長期で、百貨店銘柄を短気にしているケースが多かったのです。

しかし、ポジション解消のために反対売買を半導体関連銘柄をショート、百貨店銘柄ををロングにしているために普段と違う値動きをしているのでは?と言われております。

GPIFや日銀の2,000憶円を超えるETF買いによって、空売りがしにくくなり、底入れをした感覚が投資家の中で広がり、マーケットはだいぶ落ち着きを取り戻しました。

しかし、日銀のETF買いにより少なくなってきている浮動株がさらに減少しているからボラティリティが上がってきています。

比較的少ない出来高でも株価が大きく変動しやすくなる傾向になっているようです。



(株)アドバンテスト

UBS AGの空売り残高がアップデートされています。

3/24の報告義務が残っている空売り機関の残高は下記の通りです。

計算日 空売り者 残高数量 増減量
2020/3/24 UBS AG 2,005,784株 (-229,700)
2020/3/24 モルガン・スタンレーMUFG 1,450,243株 (+157,886)
2020/3/19 JPモルガン証券 1,903,797株 (-234,271)
2020/3/16 Barclays Capital Securities 2,195,399株 (+4,400) //
-->
タグ /
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top