ホーム » 増担保って何?増担保の解除条件と増担保の株の売買で利益確定する方法

増担保って何?増担保の解除条件と増担保の株の売買で利益確定する方法

「信用規制」が入って「増担保」となった場合。
増担保とは、信用取引が過度に取引され相場が加熱した時に通常の担保金以上に証券金融会社が徴収する担保金のことをいいます。

信用規制が入ると買いの資金量が弱くなるため取引相場の勢いが弱くなる傾向が有り、その結果、利益確定売りの需給要因に負けてしまい株価は、「急落」となるケースが多いです。

その反面、信用規制が解除された場合には、一気に売買の資金が戻るというケースも多いの

信用規制が入ったことで、急落している銘柄は、信用規制がいつ会場になるのか、また、「解除後」の動きにも注目してみたいと思います。

増担保の解除条件
解除条件の1つとして、「終値で25日移動平均株価との乖離が15%未満を5日連続でクリアする」という条件が有ります。
ただし、必ず解除されるとは限らず、他条件と併せて東証の判断次第となります

現在のチャート上の株価(1/15現在)は25日移動平均線に接近、15日に「1日目をクリアした」という事ですから、この条件を残り4日連続でクリアすれば増担保解除となる可能性が高くなります。

増担保中の株の売買のしかた
そこを逆手に取り、25日移動平均線より15%未満の水準での押し目を拾い、15%以上の水準では利益確定売りを優先させるという立ち回りで増担保解除を待ち、規制解除となった場合に高く寄りそうであれば短期的な回転を効かせるという手法も一考でしょう。
//
-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top