ホーム » 過去ログページ

投機筋は3か月ごとに仕掛ける!という説 これを検証してみました。

今回のメールは投機筋に関する情報です。ぜひ、投資にお役立てください。

投機筋は3か月ごとに仕掛ける!という説があります。
これを検証してみました。

対象は昨年10月に年間高値となった銘柄。
直前3か月で50%以上の値上がりしたケースを投機筋介入と見ました。

この条件に合致したのは29銘柄!
うち1月に昨年高値を更新したのは6銘柄!

しかし!
残り23銘柄のうち16銘柄が昨年高値に肉薄!

こうなりますと
《投機筋3か月周期説》も信ぴょう性あり!
といえそうです。

背景としては信用期日、投資家心理等など、いろいろ考えられますが、
重要なのは、
急騰銘柄は3か月後に再度、上昇する確率が高い!という点です。

3か月前に高値を示現、次の出番を待つ銘柄がここにあります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下では過去メールで【超躍動感の魁株】の正体と魅力に迫ったバックナンバーをまとめてあります。魅力をご確認ください。

━━━━━━━━━━━
株価倍増銘柄の正体!
━━━━━━━━━━━

直近3か月で株価が2倍以上になった銘柄を調べ、その理由をチェックしました。

56銘柄!
先週末現在で株価が2倍以上になった銘柄数です。

急騰の背景ベスト3は、
1.材料・テーマに乗った
2.業績の上方修正
3.経営刷新
でした。

材料と業績は常連ですが、経営に関するニュースが多かったのは、この時期の特徴といえるかもしれません。

材料と業績を併せ持つのが【超躍動感の魁株】!
株価倍増に期待が膨らみます!


━━━━━━━━━━━
マイナス・ベータを狙え
━━━━━━━━━━━

ベータ値とは、
日経平均やTOPIXなどの指標の動きに対し個別銘柄の株価が感応するかを見るものですが、全体相場が冴えない今、注目度が高まっています。

ベータ値1%は指標が1%動くときに個別株も同じ方向に1%動く状態を示します。
現在のように全体が下げているときには《マイナス・ベータ》が注目されることになります。

指標が1%下がれば、マイナス・ベータの銘柄は過去の比率分だけ上昇する確率が高いからです。

つまり、マイナス・ベータの銘柄は《逆行高》指向!
下落相場での銘柄選びのラストリゾートといえるでしょう。

直近でマイナス・ベータは50銘柄しかありません。
しかし、今後、増えてくるものと思われます。


  V字回復の結果
━━━━━━━━━━━
まず、V字回復の条件です。
・前期が赤字決算!
・今期が赤字前の純益を更新!
これでもV字型の回復ですが、今回はさらに、
・来期も増益予想
を加えました。

この条件にヒットしたのは3642銘柄のなかの《59銘柄》!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やはり《狭き門》!
V字回復できる企業はそうはないということでしょう。

しかも驚くことに!
今来期に最高益の更新見込みが《8銘柄》あるのです。


 マーケットの評価
株価は企業の将来を映す鏡といわれますが、これは果たして正しいのでしょうか。

結論から言いますと、最終的には正しいといえますが、その過程では誤ることもしばしばあるといえるでしょう。
株式の需給や相場の習性など、ファンダメンタルズ以外の要因があるからです。

出典:PSCさんのメルマガ
 ◆ プレミアムストッククラブ [ Premium Stock Club ] ◆



-->
タグ /

ダイヤモンドZAI掲載 3753フライトHDはアップルペイ関連で注目&上方修正

3753フライトHDはアップルペイ関連で脚光 上方修正

<黒字転換を果たすフライトHDはApple Pay関連>

2016年11月21日に高値2053円まで上昇したあと、2ヶ月の間調整がありましたが、昨日、今日下げ止まりの気配を感じますが、どうでしょう?

昨日の高値を超えて、今日午前9時50分前後には1266円まで上がっています。


3753フライトホールディングスは、今期予想をすでに上方修正して勢いがあり、来期は利益成長がさらに加速する見込み。
(ダイヤモンドZAI「最強日本株&株主優待」2017年3月号63頁)

大関 3753フライトホールデイング
☆ 目標株価 2200円

ちなみに、横綱に 日産自動車・パナソニック・大関に 三菱UFJファイナンシャルグループがあげられています。 


決め手は Apple Pay向け決済システムが好調で、悲願の黒字化を達成し、さらに来期の飛躍が期待されます。

ダイヤモンドZAI 2017年3月号64頁からの抜粋ですが、イチオシのその理由は、

フェアトレード田村祐一氏は、電子決済を手掛け、「Apple Pay向け」決済システムの「ライセンス販売が絶好調で「2期連続赤字から今期黒字転換」

フィスコ飯村真由氏は、上期の進捗率も高く、上方修正期待も強い。
フェアトレード田村祐一さんは、「安全性や簡易な操作性が特徴で需要拡大が続く。

電子決済、中国人はじめ外国人の観光客が、東京オリンピックに向けて増加の一途の昨今、日本の課題でもあるようで、利用者は伸びていくことが予想できますから、気長にもっていてもいいかな?と思っています。


-->

2017年気になる株式銘柄 6899 ASTIは車載用装置を主力急成長の企業。

気になる株式銘柄、メモ

6899 ASTI

株価 496円 +30
http://ameblo.jp/kabumeigara/image-12240732268-13851885183.html (日足チャート)

皆様には「今年の出世株候補」として告知した銘柄
http://ameblo.jp/kabumeigara/image-12236738816-13842264934.html

同社株は国内外で車載用装置を主力とした急成長している企業。

前期 +7億の着地。今期+11億の大幅増の見通しに上方修正を発表済み。

5年前は+5,700万の業績でしたから、ここ5年で、実に業績変化率19倍の急成長。

急成長の背景には人口の多いインドを中心に、中国・ベトナムにも拠点を置き、

成長著しいアジア各国での事業展開が大当たりしています。

成長著しいアジア市場を拠点に業績好調な銘柄と言えば、去年の強力推奨銘柄

「ウェッジホールディングス」の再来を彷彿させます。
8/26平均 371円 ⇒ 12/7株価 1,240円(中長期で+3.3倍)



○株価を見ての通り、ジリ高基調も、軽快なアップテンポな株高リズムは未だ発生していません。

軽快なアップテンポな株高リズムは、ここからもう一段駆け上がって初めて発生します。

見た目のわりに、思った以上に全然 過熱感がありません。

調整売り一巡から、意識される戻り2007年10月高値 597円まで上値スッカスカの真空ゾーンに突入していますので

600円方向へ軽快なアップテンポな株高リズムが発生した際に、今後の上値目途をお伝えしたいと思います。

※ 特典銘柄 1/6株価440円 ⇒ 1/12株価 490円 慎重な方は(激短で+11.3%)利確 ⇒ 1/23株価 502円・年初来高値を更新(激短で+14.0%)
-------------------------------------------------------


出典:DTCメルマガ
https://www.dream-trader.com/

-->
タグ / 6899 Asti

気になる株式 テリロジー3356


ネクスグループ(6634)と協業のテリロジー(3356)。
1月18日にはストップ高の424円までいきながらも、終値は369円と崩れ、表面的には腰が弱い。
ただ、逆に突っ込み買いのチャンス?。
上昇中の5日移動平均線の水準(355円)前後が押し目買いのメドらしい・・・・。。


出典:杉村富生の兜町ワールド より

-->

6777 santec テンバーガー銘柄になるか?空間光変調器「SLM−100とは

6777 santecが空間光変調器「SLM−100」のパネル平面度として、可視域で優れた平面度を実現したと発表。

同ホログラム技術を用いたレーザー加工、バイオ分野の光ピンセット、天文向け高精度分光など、さまざまな分野での応用利用が期待されるとしている事から、6777 santecの「ビジネスチャンス拡大」や「業績への寄与」に期待できとのこと。


また、空間光変調器「SLM−100装置は1月28日〜2月2日の間、サンフランシスコで開催されるBIOS/Photonics West 2017、santecブース番号#8518/#322に出展される予定との事。
http://www.santec.com/jp/27973


本日は一時S高の値を付けましたが、昨年の戻り高値(第1利確ポイント)という650円、シコリも多い部分の値を付けた事で戻り売りがドサっと降って来た値足となっています。

一旦の利食い場・650円。

今後の見通しとしては、本日1月18日は、戻り売りに上ヒゲの推移となりましたが過去も上ヒゲを付けながら戻り売りをこなし、ゆっくり登って来た動きとなっており、今回の出来高で少しはシコリ解消となっていると予測されます。

戻り高値650円前後付近のシコリはまだ強く、もう少し出来高をこなして行く必要はありますが、第2利確ポイントは目指して行けると判断しています。

よって、今回付けた第1利確ポイントで利食いされた後の残り株は第2利確ポイントを目指して持続をオススメとなります。ここまで多く枚数を仕込めていると思いますので慌てずに見て行きましょう。

枚数の追加、買い増しをしたい時は、足元の材料相場での出来高が落ち着いてから、ジリっと下げた調整局面や押し目を狙う方針がよく、この局面では、一旦様子見がオススメとなります。



空間光変調器「SLM−100装置

プリズムやレンズなどのアナログ的な分光器を使わなければできなかった光の波長の記録・制御・変更を、 デジタルでより広い色調で正確に扱えるようになった。
1画素が、256色のビットマップ形式分から、1キロバイト分の広さで変換できるようになった。

目先の応用としては例えば、ヘッドセットなしで見えるVRの像がより現実の色に近づき実用化に近くなった。

画像ファイルの画素数が増えたり、ICチップの処理が8ビットから32ビットになったら
例えば昔のファミコンがスーパーファミコンくらいになるが、もっといろいろなことができるのと同じ。


ここは光が当たると電気を出すCMOSの応用技術をいっぱい持っていてレーザーなどの工学研究を
デジタル化する技術に特徴があり、光の制御屋さんと思えばいい。





-->

朝ドラべっぴんさん 林遣都さんを四柱推命占い

日 月 年
  
  


01 11 21 31 41 51
  戊  己  庚  辛  
亥  子  丑  寅  卯  辰



年運



2005年:乙酉・比肩:15歳:
中学3年生の修学旅行中に、渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入り。

2007年:丁亥・食神:17歳:映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。
映画『バッテリー』での演技が評価され、日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの新人賞を受賞する。

2008年:戊子・正財:18歳
『ちーちゃんは悠久の向こう』、『DIVE!!』、『ラブファイト』と主演映画が続いた。
2009年:己丑・偏財・
滋賀県内の高校を卒業し上京。『小公女セイラ』(TBS)で連続ドラマ初出演。

2011年:辛卯・偏官:21歳
『コヨーテ、海へ』(WOWOW)でテレビドラマ初主演。
『荒川アンダー ザ ブリッジ』(MBS・TBS)で連続ドラマ初主演。
 ・
 ・
 ・
 ・
2017年:丙申・傷官・1月
連続テレビ小説 べっぴんさん(2017年1月 - 、NHK) - 河合二郎 役


映画『バッテリー』でデビューして以来、「野球」「飛込競技」「ボクシング」「駅伝競走」とスポーツを扱った映画の出演が多く続いており、アスリート並みのトレーニングを多く経験している。映画『風が強く吹いている』でのトレーニング中には、大学陸上部から駅伝ランナーにスカウトされるほどの実力だった。
(ウィキペディアより)


-->

4293 セプテーニの上髭陽線と上髭陰線は、相場の勢いをどうみるの?

4293 セプテーニの上髭陽線と上髭陰線のローソク足。

ふつう、上髭陽線と上髭陰線のローソク足がでると、基本的には相場の勢いが衰えてきた事を暗示する。

ただ、上髭陰線の場合は相場の勢いが衰えつつあることの暗示とみていいようですが、上髭陽線の場合は底打ちの暗示になる場合も多々あるので慎重に見極めることが必要かも・・・。

特に前々日も大陰線で、前々日が大陽線の場合のかぶせ線とは、少し違うように思います。
前日の陰線に全てかぶさり、雲の上にやっと頭を出したことの方が、好材料に見えるような気が・・・。
いよいよ青空天井へ向かう可能性も否定できませんが、さてどうなることやら・・・。

-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。