ホーム » 過去ログページ

株式投資のアノマリー セルインメイ Sell in Mayとは?

下落したのは主力大型株の利益確定売り
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相場の名言の1つ、定説に「セルインメイ」という言葉があって、5月に株を売ってバカンスにいけ、というアメリカ発祥のものみたい。

これは、ヘッジファンドが決算のために持ち株を調整するために株を売るのが要因で株価が急落する事をいいます。

今年はマザーズ指数が9年ぶりの高値を更新したのですが、利益確定売りが出て、このアノマリーを踏襲した相場展開になっているようです。

4月29日から飛び石連休に入るので、しばらくは下がるのでしょうか・



-->

2016年4月に出直り相場になっているという銘柄と出直り相場の意味

相場格言 出直り相場に逆らうな    

 
大崩れしていた株価が、長期低迷から上昇トレンドに転換した相場が「出直り相場」と言われます
出直り相場では売ってはいけない、流れに逆らわない方が良いということを表した格言です。

逆らうとは、逆張りの信用売りをするということ・意味で、出直り相場では決して売ってはいけないということを言っています。

なぜ出直り相場で売ってしまう投資家がいるのか?
それは長期に渡る低迷相場が続いたことでなかなか安心できずに弱気になっているからなのですが、反対に、こうした売りで下がったところを、初押しと言い、買いたいと下がるのを待っていた投資家には絶好のが買い場となります。(初押しは買い)

これが相場転換の兆しとなり、新たな投資家、早々に売ってしまった投資家が参入して、さらに株価が押し上げられることになるので「出直り相場」はおおきく儲けるチャンス。

出直り相場は大きな上昇が期待でき、儲けるチャンスでもあるので、いままでは売りばかりで良かったとしても、買い向かうのが鉄則なんだそうです。

8704 プロパストのチャートです。
出直り相場だと言うのですが・・・・・・。
3236.プロパストjpg.jpg

プロパストのヤフーファイナンスの掲示板からお借りしました。

-->

初押しは買いとはどんな意味?どんなチャートの形?銘柄は?



「初押しは買い」のセオリー
「初押しを狙う!」とは




ここ直近で大人気、大幅高となっている「4594グリーンペプタイド」「6176ブランジスタ」を見たとき、
「上抜けした初日」の安値を割らない限りは、初押しは買いのスタンスでいきます。

4584グリーンペプタイド.jpg
・高値更新するくらい強い銘柄が、そのまま上にいっちゃってる!そんな相場になっている。

実際に、今日は日経は前日比マイナスにも関わらず、値上がりランキングに入っているものは
上向きの銘柄が多く見受けられます。



★4571 ナノキャリア 4/4株価 1,380円 ⇒ 4/4株価 1,512円利確(+9.5%) 
★2132 アイレップ 4/4株価 603円 ⇒ 4/4株価 650円利確(+7.7%) 


チャート今、推奨銘柄はすべて強さを感じるものを出しています。

「初押しは買いのセオリー」

いかに強い銘柄の銘柄の押し目で乗れるかが、今週は明暗を分けそうな予感がします。
株DTCリンダさんのメール参照

-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。