ホーム » 過去ログページ

IoT及び「Internet of Things」とはどういうもの?と関連株

2015-08-11

IoTとは「Internet of Things」っを略したもので、一般に「モノのインターネット」と言われるもので、これまではPCやスマートフォンに、ヒトの操作によってインターネットに信号が発信されています。

これに対し、IoTは車や時計、公共設備などあらゆるモノが自らインターネットに信号を発信して、情報をデータセンター(クラウド)に集積します。
そのデータを色々なことに活用しようとする試みとなります。

例えば走っている車の速度、位置情報を集積して、そのデータを渋滞情報として運転している車にフィードバックする。更にデータを積み重ねていけば、どの期間にはどれほどの渋滞が起きる、などの情報を運送業者に配信することができるようになり、スケジュール管理に役立つ便利な情報になるのです。

その他にも、橋や建物などの公共建築物にセンサーを取り付けて、強度を常に把握することができれば、適切なメンテナンスが可能となり、事故を未然に防ぐことができまう。

また、マラソンランナーのリストバンドなどにセンサーをつけて、疲労度を測ることができれば、ペース配分を管理するすることもできます。

こんな事が、少しずつ実現しているところから、子供の頃に思い描いていた「鉄腕アトム」のような未来、車が空を飛ぶような世界はそう遠くないうちに実現できるのでは?と思ってしまいます。

既に市場に出ているIoT。

スマートフォンの普及拡大速度などを見ても、ここからIoT市場は急速に拡大するのでは・・・。

2014年の国内市場におけるIoTデバイスの普及台数は、約5億5000万台。
売上規模は約9兆3000億円でしたが、2020年にはここから倍以上の普及台数、売上規模に達することが予測されています。
IoT関連企業はこれから需要高になってくるのが自然と考えてしまいます。

【IoT関連株】

<3727>アプリックス
スマートフォンとブルートゥースを無線接続し、稼働状況や故障の有無などのメッセージを送れる家電機器を企画・開発。
M2M関連事業に経営資源を集中投入するべく、事業の再編成を行っています。

<3690>ロックオン
「EC‐CUBE」においてスマホアプリやリアルPOSレジ、IoT対応なども視野に入れた、あらゆる関連概念との連携を可能に。

<3858>ユビキタス
車載システムとスマートフォン、クラウドサービスを連携させるネットワーク技術、さらに車載データを活用したクラウドとの連携による新たなサービスの創出などさまざまなソリューションを提携。

<3669>モバイルクリエイト
IoT分野の事業領域拡充のため、半導体関連の製造装置を手掛ける<6314>石井工作研究の発行済株式32.69%を取得。



これらは時価総額の小さい小型株。
今後の成長性を期待するには時価総額の小さいIoT関連も監視してみたいです。



-->
タグ / IoT

今日の株の格言 利食い千人力

アナリストSのプレミアムメルマガより参照、メモメモ
2015年8月11日

「利食い千人力」を忘れない事。

デイトレの数分、数秒、持ち越ししないトレードは1円2円抜きが基本で1〜2%取れれば充分。
数日のスイングトレードでは5〜10%も取れれば大成功で、短期投資1ヶ月〜3ヶ月となれば20〜30%は充分過ぎる値幅である。
そこで一部を利食いできるかどうかで立ち回りが変わる。

その積み重ねが大事。

積み重ね余力が増えて行けば次に買える枚数が増える。
すると次の利食い時の利益も増える。A株のロスカットとB株の利食いで相殺し利益出るようなら成功で、とにかく利を積み上げる。

そうやって雪ダルマ式に運用する。
大幅高を見る為に長期で持って行くのは途中利食いした残り株という事。
チャートだけ見て誰もが安値で買えて高値で大儲け出来ていると思わない事。
大幅高の過程で多くの投資家が高値圏で入れ替わって行くという事実を知っておく。

なぜか、最近の素人投資家は「株価数倍まで持っていたい」という投資家が多く、そういった投資家に限って下げた時に慌てて売って薄利撤退や、一時利が乗っていたにも関わらず売らずその後に買値以下まで下がって来てから売る。

又は「また上がるだろう」と持続してしまう。

「利食い千人力」を忘れない事。

全株売らずとも、先に一部でも利を手元に残す事で先の相場模様を構えて見て行けるというもので、資金一杯でやる不安な投資、耐える投資など、精神衛生上良くない手法はオススメ出来ない。分割買い、分割売り、これは基本手法として覚えておく。

☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・

先週末の米株は7日続落。一時141ドル安、引けにかけ戻し46.37ドル安の17373.38ドルで終えている。注目された米雇用統計は市場予想通りの良い数字。

順調な推移から利上げも9月になるのではとの観測が強まった格好。

ダウは「三尊天井」でテクニカル面で売り転換となっている事はメルマガでも伝えて来たが、遂に安値割れ。利上げへの懸念は先に織り込むのは良い事だが、下値ラインは見極めて行く必要があるだろう。

為替市場は雇用統計を受けて調整。先週にロックハート連銀総裁が9月利上げを示唆する発言から利上げ意識されドル高円安進行となっていたが、その時点で円安方向の動きは織り込まれていたのだろう。

本日の日本市場は先週の米株安を受け安く始まったが、企業の好業績を下支えに底堅い動き。
また、週末にSQを控えている事もあり主力中心の相場つき。個別はやや軟調か。

決算もある程度出揃い、いよいよ決算期抜け、お盆休み前の相場展開となる。銘柄個別も市場全体も、買い上がる先の期待材料無ければズルズルと来てしまうものだが、今年は国会延期とあって新材料や新展開に期待した下支え要因があるよう。SQ後に刺激材料出て来るのかがポイント。何も無ければ例年の「仕手相場・材料相場」となるが、果たして。

一方で、資金は循環。今まで上げて来た銘柄は利食い売られ、反面直近で下げ続けていた建設株などが買われしっかりといった流れ。循環物色は大きな動きで続いている。

中国関連、輸出関連の買い場はこの先で有ると書いた通り。
今上げているものが天井打ち売られ出してから見直し。
上げ続ける株も下げ続ける株も無い。

今何を買うのか、今何を売るのか、焦って考える必要も無い。
ここから企業業績の期待・失望・精査・見直しを絡め、新ステージへの入り口に来ているだけ。
持っておきたいもの、攻めたいもの、ややロングポジションのみ残して全体を見渡せば良い。

最近ではアベノミクス相場で急動意した銘柄が多かったせいか、「欲の深い投資家」が多いと感じる。
例えば、全株底値で買って全株株価数倍の高値で売り抜けてやろうとする素人。
しかも信用でレバを効かせギャンブル的にやるもの。

こういった手法は一発退場となりやすのでやらない事。
特に新興市場など値幅は上下広く、信用枠一杯でやるのは相当なリスク。


◆9713 ロイヤルホテル
222円→334円
決算を受け急上昇。
この銘柄は覚えている方も多いだろう。私がPSCに移籍して2日目早々、4月6日に話した銘柄。
先日、新しく開通した北陸新幹線の需要や地方景気を調査しようと、9月のシルバーウィークを利用して「金沢」への軽い旅行を計画したのだが、ホテルが予約一杯で取れず。残っているのは高級ホテルの一角といった状況に驚いた。金沢は「小京都」と言われる風情ある街並みで外国人にも人気のよう。
こういった実体験から足元のホテル需要の旺盛に納得。ホテル関連株の伸びにも納得。

◆1805 飛島建設
221円→252円
建設株の一斉上昇から連想買い、決算期待買いが入っていたが、決算後も素直に好感されているよう。

-->
タグ /

エコナックHD<3521.T>4日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除

このニュースで、日製麻<3306.T>―と林兼<2286.T>、エコナックHD<3521.T>―の株価の下がるのが止まって、ウィルソン<9610.T>―の株価は、調整に入って、下がるって想像するのは、単純でしょうかね?
☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・


―東証が3日付で日々公表銘柄指定を解除。

ウィルソン<9610.T>―東証が4日売買分から信用取引の委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に。日証金も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を現行30%から50%(同20%)に。

 林兼<2286.T>、エコナックHD<3521.T>―東証が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除。
日証金も同日から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る銘柄別増担保金徴収措置を解除。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2015-08-04 08:37)
調整が始まって下がっていくことになる・・・と想像するのは、単純でしょうか?

ウィルソン<9610.T>は、株価が4日の日は、高値777円をつけましたが、そこから下がって652円の大きな陰線で終わっています。

そして、本日もマイナス98円と大きく陰線を描いています。
陰線2本続くと、3本になる可能性が高いようで、しばらく様子見かなと思います。


日製麻<3306.T>―東証が3日付で日々公表銘柄指定を解除。

7月17から陰線が続いて、本日は75円です。
下げ止まるのかな?と思わせる展開になっていますが、50日線までもう少し空間があるのが気になります。

エコナックHD<3521.T>
7月21日に170円をつけてから調整中。120円が下値目処というDTCさんの無料メルマガ情報でしたが、100円まで、下がってしまいました。
本日で下げ度まるのか、ここも。50日線とすこし空間があり、日製麻<3306.T>とチャートがそっくりのような気がします。

林兼<2286.T>
7月22日の195円から2週間ほどの調整、本日141円。





ウィルソン<9610.T>―東証が4日売買分から信用取引の委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に。

日証金も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を現行30%から50%(同20%)に。

 林兼<2286.T>、エコナックHD<3521.T>―東証が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除。日証金も同日から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る銘柄別増担保金徴収措置を解除。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2015-08-04 08:37)

-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。